クレージーキャッツ映画

無責任シリーズ
 製作年  題 名  監 督 マドンナ
1962年 ニッポン無責任時代 古澤憲吾 重山規子 
1962年 ニッポン無責任野郎 古澤憲吾 団令子 
日本一シリーズ
製作年 題 名 監 督 マドンナ
1963年 日本一の色男 古澤憲吾 団令子
1964年 日本一のホラ吹き男 古澤憲吾 浜美枝
1965年 日本一のゴマすり男 古澤憲吾 浜美枝
1966年 日本一のゴリガン男 古澤憲吾 浜美枝
1967年 日本一の男の中の男 古澤憲吾 浅丘ルリ子
1968年 日本一の裏切り男 須川栄三 浜美枝
1969年 日本一の断絶男 須川栄三 緑魔子
1970年 日本一のヤクザ男 古澤憲吾 司葉子
1970年 日本一のワルノリ男 坪島孝 浜美枝
1971年 日本一のショック男 坪島孝  酒井和歌子
クレージー作戦シリーズ
製作年 題 名  監 督  マドンナ
1963年 クレージー作戦 先手必勝 久松静児 池内淳子
1963年 クレージー作戦 くたばれ!無責任 坪島孝 浜美枝 
1963年 香港クレージー作戦 杉江敏男 浜美枝 
1964年 無責任遊侠伝 杉江敏男 浜美枝 
1965年 大冒険 古澤憲吾 団令子
1966年 クレージーだよ奇想天外 坪島孝 星由里子
1966年 クレージー大作戦 古澤憲吾 野川由美子
1966年 クレージーだよ天下無敵 坪島孝 野川由美子
1967年 クレージー黄金作戦 坪島孝 浜美枝
1967年 クレージーの怪盗ジバコ 坪島孝 浜美枝
1968年 クレージーメキシコ大作戦 坪島孝 浜美枝
1968年 クレージーのぶちゃむくれ大発見 古澤憲吾 中山麻里
1969年 クレージーの大爆発 古澤憲吾 松岡きっこ
1971年 だまされて貰います 坪島孝 野川由美子
時代劇作品
 製作年  題 名   監 督  マドンナ
 1964年 ホラ吹き太閤記  古澤憲吾 浜美枝 
 1964年 花のお江戸の無責任  山本嘉次郎 団令子
 1965年 クレージーの無責任清水港 坪島孝 浜美枝
 1969年 クレージーの殴り込み清水港 坪島孝 星由里子
傍系作品
 製作年  題 名   監 督  マドンナ
 1968年  空想天国 松森健 酒井和歌子
1969年 奇々怪々 俺は誰だ?! 坪島孝 吉田日出子
1970年 喜劇 負けてたまるか! 坪島孝 浜美枝
※上記3作品主演:谷啓
1972年 喜劇 泥棒大家族 天下を盗る 坪島孝 八並映子
※予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


浜美枝

団令子

星由里子

クレージーキャッツは1955年に結成後、メンバーの植木等が歌う{「スーダラ節」が1961年夏に発売され大ヒットとなり、戦後復興期のサラリーマン群像を歌い上げるスターとして注目されており、コントにも歌にも絶妙の才能を発揮する彼らを映画に起用することは当時のメジャー5社(大映、東宝、松竹、東映、日活)にとっても最重要課題だった。結局、大映と東宝が最後まで残り、クレージーキャッツは大映を選んで弓削太郎監督による「スーダラ節 わかっちゃいるけどやめられねぇ」と枝川弘監督による「サラリーマンどんと節 気楽な稼業と来たもんだ」に出演したものの、軽快な歌に反してサラリーマン生活の悲哀をストレートに表現する2本の映画は大ヒットには結びつかなかった。
また、この2本の映画でクレージーキャッツの歌って踊れて演技もできるという魅力を存分に引き出せないことにジレンマを感じていた所属プロ・渡辺プロダクションの渡辺晋社長は、当時サラリーマン喜劇や歌謡映画でヒットを飛ばしていた東宝に話を持ちかけ、メンバーの中で一番のヒットメーカーである植木等を主演に据えた映画の製作にこぎつける。
なぜ東宝でのクレージー映画第一作が「無責任」になったのかは諸説あるが、当時東宝企画部社員でシナリオを書いていた田波靖男本人の証言によると、当初、フランキー堺主演を想定して、サラリーマンとしてがんじがらめになっている現状を打破するキャラクターを描いた「無責任社員」というプロットを会社に提出したが、企画が通らずに眠っていたところを、クレージーキャッツ主演映画の企画を探していた東宝のプロデューサー・安達英三朗の目に留まり、植木等主演でこれをやろうと決まったという。なお、映画クレジットでは松木ひろしとの共同作品になっているが、松木は最後に少し直しを入れた程度で、実質的には田波単独によるオリジナルシナリオである。
監督には、戦時中パレンバン上陸作戦で落下傘部隊として一番乗りした(本人談)武勇談を持ち、戦後東宝に入社後も反骨精神で独自の世界を築き上げていた古澤憲吾が抜擢される。古澤は同じ撮影所で黒澤明の仕事を横目で見ながら「向うがクロサワなら俺はフルサワ」と豪語して、新人監督ながら妥協しない制作姿勢を貫く監督として知られていた。古澤はまだ新人ライターだった田波のシナリオを元に、旧来の道徳観念を笑い飛ばし、持ち前の調子の良さと明るさで戦後の世相をポジティブに乗り切っていくヒーロー・平均(たいら・ひとし)を作り上げていった。
主役を演じる植木等は、元々僧侶の家庭に育ち、主人公の無責任男とは正反対の人柄であり、当初この役に反発して、古澤宅に押しかけ降板を申し出ようとしたが、古澤のキャラクターにかける意気込みと、古澤が植木のまだ隠れている才能を見抜いていることに感服し、古澤に全てを任せようと決意したという。
(ウィキペディア参照)
会社物語」1988年市川準監督
本作は、クレージーキャッツのメンバー7人が全員出演した最後の作品であり、サラリーマンの悲哀感を見事に演じている。撮影には昭和初期に建てられた銀座の大倉商事ビルが使用されている。