Nagisa Oshima

大島渚(Nagisa Oshima)/日本(Japan)

1950year
1959年「明日の太陽」
1959年「愛と希望の街」
1960year
1960年「青春残酷物語」
1960年「太陽の墓場」
1960年「日本の夜と霧」
※以上、松竹制作
1961年「飼育」
1962年「天草四郎時貞」※東映京都
1963年「小さな冒険旅行」
1964年「私のベレット」
1965年「悦楽」「ユンボギの日」
1966年「白昼の通り魔」
1967年「忍者武芸帳」
1967年「日本春歌考」
1967年「無理心中日本の夏」
1968年「絞死刑」
1968年「帰って来たヨッパライ」
1969年「新宿泥棒日記」
1969年「少年」
1970year
1970年「東京戦争戦後秘話」
1971年「儀式」
1972年「夏の妹」
※以上、創造社制作
1976年「愛のコリーダ」
1978年「愛の亡霊」
1980year
1983年「戦場のメリークリスマス」
1986年「風が吹くとき」
1987年「マックス、モン・アムール」
1990year
1999年「御法度」
※2013年1月15日満80歳没

大島渚
大島渚監督

1954年、松竹に入社。大船撮影所で大庭秀雄や野村芳太郎などの元で助監督を務めた後に1959年「愛と希望の街」で映画監督としてデビューする。翌1960年「青春残酷物語」や「太陽の墓場」といったヒット作により、篠田正浩や吉田喜重と共に松竹ヌーヴェルヴァーグの旗手として知られるようになる。次回作「日本の夜と霧」は公開から4日後、松竹によって無断で上映を打ち切られた。大島はこれに猛抗議し、1961年に松竹を退社し、映画製作会社「創造社」を設立した。
1972年「夏の妹」の発表後、創造社は1973年7月に解散した。その後は映画製作の資金を稼ぐためにテレビ出演などの活動を行い1975年新たに大島渚プロダクションを設立し「愛のコリーダ」の製作に着手した。
その後は外国資本での映画製作が中心となり、1978年に再び日仏合作による「愛の亡霊」を発表する。
1996年1月下旬、10年ぶりの作品となる「御法度」の製作を発表。しかし、同年2月下旬に渡航先のロンドン・ヒースロー空港で脳出血に見舞われた。その後、3年に及ぶリハビリを経て、1999年「御法度」を完成させた。同作ではビートたけしと崔洋一という二人の映画監督が俳優として出演し、大島は二人に撮影現場でのサポート役を託したと言われている。同作は翌2000年の第53回カンヌ国際映画祭に出品され、ブルーリボン賞では作品賞・監督賞を受賞した。
2013年1月15日死去(享年80歳)

監督別に戻る