Yuzo Kawashima

川島雄三(Yuzo Kawashima)/日本(Japan)

1940year
1944年「還って来た男」
1946年「ニコニコ大会 追ひつ追はれつ)」
1946年「お笑い週間 笑ふ宝船」
1947年「深夜の市長」
1948年「追跡者」
1948年「シミ金のオオ!市民諸君」
1949年「シミ金のスポーツ王」
1950year
1950年「夢を召しませ」
1950年「女優と名探偵」
1951年「天使も夢を見る」
1951年「適齢三人娘」
1952年「とんかつ大将」
1952年「相惚れトコトン同志」
1952年「娘はかく抗議する(松竹京都)」
1952年「こんな私じゃなかったに」
1952年「明日は月給日」
1953年「学生社長」
1953年「花吹く風(松竹京都)」
1953年「新東京行進曲」
1953年「純潔革命(松竹京都)」
1953年「東京マダムと大阪夫人」
1953年「お嬢さん社長」
1954年「真実一路」
1954年「昨日と明日の間」
※以上、松竹大船製作
1955年「愛のお荷物」
1955年「あした来る人」
1955年「銀座二十四帖」
1955年「風船」
1956年「洲崎パラダイス赤信号」
1956年「わが町」
1956年「飢える魂」
1956年「続・飢える魂」
1957年「幕末太陽傳」
※以上、日活製作
1958年「女であること(東京映画)」
1958年「暖簾(宝塚映画)」
1959年「グラマ島の誘惑(東京映画)」
1959年「貸間あり(東京映画)」
1960year
1960年「人も歩けば(東京映画)」
1960年「接吻泥棒(東宝)」
1960年「夜の流れ(東宝・成瀬巳喜男監督と共同監督)」
1960年「赤坂の姉妹 夜の肌(東京映画)」
1961年「縞の背広の親分衆(東京映画)」
1961年「特急にっぽん(東宝)」
1961年「女は二度生まれる(大映)」
1961年「花影(東京映画)」
1962年「雁の寺(大映)」
1962年「青べか物語(東京映画)」
1962年「箱根山(東宝)」
1962年「しとやかな獣(大映)」
1963年「喜劇 とんかつ一代(東京映画)」
1963年「イチかバチか(東宝)」
※1963年6月11日満45歳没


川島雄三監督

松竹で島津保次郎、吉村公三郎、小津安二郎、野村弘将、木下惠介らの助監督を経て1944年に「還って来た男」で監督デビューをする。1946年「追ひつ追はれつ」では日本初のキスシーンを撮った。
その後、松竹で23本の映画を撮った後、1954年に日活へ移籍する。今村昌平、浦山桐郎が助監督を務める。
1957年、東宝系の東京映画へ移籍。傍ら大映でメガホンを取った「女は二度生まれる」「雁の寺」「しとやかな獣」の3作品で若尾文子と組む。1963年6月に45歳という若さで急死。遺作は『「イチかバチか」生涯で51作品を残した。

監督別に戻る