新東宝映画作品

製作年 題  名 監 督 女 優 男 優
1949 野良犬 黒澤明 千石規子 三船敏郎
1950 宗方姉妹 小津安二郎 田中絹代 上原謙
1950
女医の診察室 吉村廉 原節子 上原謙
1951 盗まれた恋 市川崑 久慈あさみ 森雅之
1951 恋人 市川崑 久慈あさみ 池部良
1951 銀座化粧 成瀬巳喜男 田中絹代 堀雄二
1952 西鶴一代女 溝口健二 田中絹代 三船敏郎
1954 恐怖のカービン銃 田口哲 三原葉子 天知茂
1955
人間魚雷回天 松林宗恵 津島恵子 木村功
1956 女眞珠王の復讐 志村敏夫 前田通子 宇津井健
1956
女競輪王 小森白 前田通子 杉山弘太郎
1957
リングの王者 栄光の世界 石井輝男 池内淳子 宇津井健
1957
怪談本所七不思議 加戸野五郎 松浦浪路 明智十三郎
1957
明治天皇と日露大戦争 渡辺邦男 嵐寛寿郎
1957 海女の戦慄 志村敏夫 前田通子 天城竜太郎
1957 暁の非常線 小森白 三ツ矢歌子 天知茂
1958
脱線三銃士 千葉胤文 神崎キヨ  八波むと志
1958 女王蜂 田口哲 久保菜穂子 中山昭二
1958
憲兵と幽霊 中川信夫 久保菜穂子 天知茂
1958 女王蜂の怒り 石井輝男 久保菜穂子 宇津井健
1958 スター毒殺事件 赤坂長義 万里昌代 天知茂
1959 無警察 小森白 小畑絹子 天知茂
1959
黒線地帯 石井輝男 三原葉子 天知茂
1959
カックン超特急 近江俊郎 大空真弓 由利徹
1959 海女の化物屋敷 曲谷守平 三原葉子 菅原文太
1959 戦場のなでしこ 石井輝男 小畠絹子 宇津井健
1960 女巌窟王 小野田嘉幹 万里昌代 吉田輝雄
1960 女王蜂と大学の竜 石井輝男 三原葉子 吉田輝雄
1960
怪談海女幽霊 加戸野五郎 万里昌代 明智十三郎
1960 暴力五人娘 曲谷守平 大空真弓 菅原文太
1960 女体渦巻島 石井輝男 三原葉子 吉田輝雄
1960 黄線地帯 石井輝男 三原葉子 吉田輝雄
1960 黒い乳房 土居通芳 小畠絹子 菅原文太
1960 女獣 曲谷守平 小畠絹子 菅原文太
1961 地平線がぎらぎらっ 土居通芳 星輝美 ジェリー藤尾
1961 セクシー地帯 石井輝男 三原葉子 吉田輝雄
1961 不良少年 羽仁進 山田幸男
1961 火線地帯 武部弘道 三原葉子 吉田輝雄
予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


小畑絹子

三原葉子

万里昌代

前田通子

新東宝設立の経緯
第二次世界大戦終結から1年が経過した1946年11月、第二次東宝争議の最中、労使の膠着状態が続き、映画撮影が出来ないことに業を煮やした大河内傳次郎が発起人となり、賛同した長谷川一夫、黒川弥太郎、入江たか子、藤田進、花井蘭子、山田五十鈴、原節子、山根寿子、高峰秀子の十大スターが「十人の旗の会」を結成して組合を脱退した。同時に組合を脱退した百数十名の有志と共に、現在の東宝スタジオ)敷地外に戦前に増設した「東宝第二撮影所」(のちの国際放映撮影所、現在の東京メディアシティ)を母体にして、4か月後の1947年3月25日に新東宝映画製作所を創業した。社長には、元東宝営業部長で「配給の神様」こと佐生正三郎が就任した。渡辺邦男や斎藤寅次郎らの監督も新東宝に移籍した。しかし、新東宝設立直後の1948年10月に労働争議が決着を見たため、東宝は自主制作を再開させることとなる。ここに至って新東宝は、東宝からの完全独立を決定、自主配給を開始する事となった、
新東宝エログロ路線
1955年、定期株主総会に株主として都内の映画館を多数所有し、元活動弁士で、歌手・近江俊郎の実兄として知られる大手映画興行主である大蔵貢が出席する。大蔵の会社再建策に新東宝の大株主であった株式会社後楽園スタヂアム(現在の株式会社東京ドーム)が同調、大蔵が新東宝の社長として辣腕を振るう事になる。大蔵は、最初こそ文芸作品を出したものの、その後は徹底した大衆路線を取る。その路線は「エログロナンセンス」という昭和初期に流行ったアングラ文化をなぞるものであり、「新東宝エログロ路線」と呼ばれた。ここで大蔵の採った施策は「安く、早く、面白く」で「テスト1回、ハイ本番」といったスローガンのポスターが撮影所内に貼られた。1957年、渡辺邦男監督、嵐寛寿郎主演による『明治天皇と日露大戦争』は史上空前のヒット(動員数2,200万人)となったが、配給網が弱いため、他社の劇場に利益を持っていかれた。

※明治天皇と日露大戦争
本作は、2001年にアニメ映画「千と千尋の神隠し」が2,300万人の記録を打ち立てるまで 約44年間 日本映画の最大のヒットだった。

翌年、大蔵の独善的なワンマン体質により、”ヌード出演拒否事件が起き、反発した”ヒットメーカーの志村敏夫監督と当事者のスター女優、前田通子が退社し、業績は以後急激に悪化する。1959年、久保菜穂子、若山富三郎らが東映に移籍した。こうして興行成績は次第に低下し、労働組合が大蔵追放を掲げてストライキに突入するに至り、1960年12月1日、大蔵は辞任に追い込まれた。

新東宝の倒産とその後
大蔵はの辞任後、再建策も空しく1961年に倒産する。
新東宝は清算部門と配給部門、制作部門に3分割される。

製作部門は、TBS、フジテレビの資本参加を得てニッポン・アートフィルム・カンパニー(NAC)を設立し、テレビ映画製作を開始する。
1964年に商号を国際放映株式会社とする。東京都世田谷区砧にあった「新東宝撮影所」は、その大部分が日本大学に売却されて同商学部のキャンパスとなり、残部は国際放映に引き継がれ、同社のテレビ映画製作の拠点となった。また新東宝で制作した作品の権利を国際放映が保持している。
1990年代以降はテレビ映画よりも情報番組のビデオ撮影が主流になったため、改築し、東京メディアシティと改称した。
配給部門は大宝株式会社となり、大島渚監督か初期に撮影した問題作である「飼育」などを配給したものの、6本配給したところで業務を停止し、そのまま解散している。
大蔵映画設立
新東宝を退社した大蔵は、社長在任中に世田谷区桜にあった「新東宝第二撮影所」(前身は戦前の東京発声映画製作所)を自己全額出資の「富士映画」に譲渡させていた。
富士映画はそのまま大蔵の手中に収まり、同社を母体に、これらとは別に、従来自ら経営していた興行会社と配給会社を合併させて出来たのが大蔵映画である。
大蔵映画撮影所は1974年に閉鎖され、跡地は総合娯楽施設のオークラランドとなっている。
新東宝興行の関西ブランチが、新東宝が確立していた興行網を利用し、お色気系の洋画を配給し始め、配給機能のみで製作を持たないので、外部作品を配給し始める。これが、現存するピンク映画の配給会社「新東宝映画」の源流である。同社は、大蔵映画とも新東宝とも資本的に関係がない。
ウィキペディア参照


久保菜穂子

三ツ矢歌子

大空真弓