映画「ガンマン無頼」

Goodbye Texas

今回は、フェルディナンド・バルディ監督1966年製作「ガンマン無頼(GOODBYE TEXAS)」をピックアップする。
主演は「続・荒野の用心棒」で強烈なインパクトを与えた名優フランコ・ネロ。本作以外にも「真昼の用心棒」「豹/ジャガー」「ガンマン大連合」などのイタリア製西部劇で主演している。

Goodbye TexasGoodbye Texas

当時、ジュリアーノ・ジェンマと人気を二分したフランコ・ネロだが、この孤高で執念のキャラクターがマカロニウエスタンでピッタリと填まる。“背面逆手射ち”などガンプレイも満足な作品である。

Goodbye TexasGoodbye Texas
フランコ・ネロ                コレ・キトッシュ
Goodbye TexasGoodbye Texas
リビオ・ロレンツォン             ルイジ・ピスティリ
Goodbye TexasGoodbye Texas
ホセ・スアレス

【ストリー】
テキサスの小さな町ウィドー・ロックに、バート・サリバン(フランコ・ネロ)という保安官がいた。彼は素晴しい拳銃使いで、無法者にのさばる余地を与えず、町の人々の絶大なる信頼を受けていた。そのバートがある日突然町を去った。彼には果さねばならない誓いがあったのだ。それは父を殺したシスコ(ホセ・スアレス)という男を探し出し、裁判にかけることだ。バートはその仕事を一人でする積りだったが、弟のジム(コレ・キトシュ)が一緒にいくときかなかった。二人は国境を越えメキシコの町へ入った。町の人々はシスコの消息を知っていたにもかかわらず、それを口に出そうとしなかった。それはシスコが町を含めた附近一帯の残虐な支配者におさまり、暴力をほしいままにしていたから、へたに口だしすると殺される恐れがあったからだ。ついに二人はシスコの居所を知っているという老人にめぐりあうことが出来た。老人の手引きでシスコの邸宅に乗り込んだバートは、単身シスコと顔をあわせた。だがバートはそこで意外な事実を聞かされ、逮捕出来なかった。シスコがバートの弟ジムの父親だったからだ。シスコはバートの父を殺し、そのうえ母を犯したのだった。やむなくバートは何も知らないジムをシスコの邸に残し、テキサスへの道を辿っていた。その途中彼は、シスコ討ばつの軍をおこした町の人人に、是非協力してくれと頼まれ、同意せざるを得なかった。バートはシスコの部下と倒ばつ軍の戦闘中、シスコの邸に行き、ジムに真実を語った。絶望と怒りにたけり狂った彼は脱走をくわだて、無残にもシスコの部下に射殺されてしまった。激しい怒りに燃えたバートは、シスコの体に復讐の弾丸を打ち込んだ。そして砂漠に落ちる夕陽をあびて、彼は馬をテキサスに向けた。

Goodbye TexasGoodbye Texas

題名:GOODBYE TEXAS  /TEXAS, ADDIO
邦題:ガンマン無頼
監督:フェルディナンド・バルディ
脚本:フェルディナンド・バルディ、フランコ・ロゼッティ
製作:マノロ・ボロニーニ
撮影:エンツォ・バルボーニ
編集:セルジオ・モンタナリ
音楽:アントン・アブリル 主題歌:ドン・ポウエル
出演者:フランコ・ネロ、コレ・キトッシュ、ホセ・スアレス、ルイジ・ピスティ、リビオ・ロレンツォン
1966年イタリア・スペイン/ウルトラスコープ・イーストマンカラー92分35mmフィルム
ガンマン無頼[DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。