映画「イージーライダー」

イージー・ライダー

今回はデニス・ホッパー監督1969年製作「イージーライダー(EASY RIDER)」高評価作品sを ピックアップする。
本作はアメリカン・ニューシネマの最高峰とされる作品だ。ベトナム戦争、マリファナ、ヒッピーなどの様々なムーヴメントに揺れた 1960年代後半の病んだアメリカが時代背景にあり、ヨーロッパ、日本のヌーベルバーグに呼応したジャンルとなった。当時を生きていた人でないと分かり難 い背景でもある。ちなみに私は子供だった頃に劇場で観た。

イージー・ライダーイージー・ライダー

日本のおバカテレビ番組やCMでステロタイプ化した「ワイルドで行こう(BORN TO BE WILD)=大型バイク」というイメージが定着したが、本作がオリジナルなので作品のイメージを損なう事に腹立たしい。またステッペンウルフ (STEPPENWOLF)は、1967年にカナダで結成されたロック・バンドでデビューアルバムからシングルカットされた第3シングル曲(EP版)の 「ワイルドで行こう(BORN TO BE WILD)」が本作で採用され世界的にヒットした。バーズ(THE BYRDS)は、1964~1973年に活躍したバンドでボブ・ディランの作った「MR. TAMBOURINE MAN」でデビューし、「TURN! TURN! TURN!」「FIFTH DIMENSION 」などのヒットを放し、解散後はデヴィッド・クロスビーがクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング(CSN&Y)を結成した事でも有名 だ。

イージー・ライダーイージー・ライダー
ピーター・フォンダ               デニス・ホッパー

「謝肉祭と娼婦」のシーンで16mmを35mmにブローアップしたと思われるシーンがある。ネガフィルムではなくリバーサルフィルム(EKエクタクローム)で撮影している様だが、LSDの幻覚が粒状性とマッチし見事に表現されている。様々な幻覚シーンの元祖と言っても過言ではないと思う。本作の撮影監督ラズロ・コヴァックス氏は、本作撮影後に白黒映画の名作「ペーパー・ムーン(PAPER MOON)1973年ピーター・ボグダノヴィッチ監督」で緻密な撮影設計を「ニューヨーク・ニューヨーク(NEW YORK, NEW YORK)1977年マーティン・スコセッシ監督」で息を呑む映像美を作り出している。監督のデニス・ホッパー氏は俳優でも有名な方だが、本作が第一回監督 作品だった。残念な事に2010年5月に他界された。(享年74歳)

【追記・訃報】
米映画「イージー・ライダー」などで知られるベテラン俳優ピーター・フォンダさんが2019年8月16日、ロサンゼルスの自宅で死去した。79歳。米メディアが報じた。(共同通信)

イージー・ライダーイージー・ライダー
ジャック・ニコルソン

【ストリー】
マリファナの密輸で大金を手にしたキャプテン・アメリカ(ピーター・フォンダ)とビリー(デニス・ホッパー)は、大型オートバイを買い、旅に出た。2人 は、自由の国アメリカの幻影を求めて、フロンティア精神の母体、南部をめざし、気ままにオートバイを走らせた。途中、一人のヒッピー、ジーザス(アントニ オ・メンドザ)を同乗させた二人は、彼の案内でヒッピー村に入っていった。しかし、村の住人たちは、行動で自由を表現する2人を拒絶するのだった。再び旅 を続けた彼らは、ラスベガスで警察に留置されてしまった。それは、許可なしでパレードに参加しただけの理由だった。そこで知り合った酔いどれ弁護士ジョー ジ(ジャック・ニコルソン)と意気統合した2人は、彼をつれて謝肉祭を見物すべく、ニューオリンズへオートバイを走らせた。3人は、マリファナを吸い、野 宿をしながら旅を続けた。そんな3人を、保安官をはじめとする沿道の村人は悪口と殺意をもって迎えた。彼らを国境から出すまいとする村人はある夜、野宿をしていた3人を襲撃。キャ プテン・アメリカとピリーはかろうじて逃げのびたが、ジョージは惨殺されてしまった。ジョージを失った2人は謝肉祭にも魅力を感じなくなり、娼婦を連れて 墓地に行った。そこで、アメリカの保守性を呪訴し、自由がカケラも見当たらないことを悲しんだ。やがて、オートバイで州境にさしかかった彼らに、2人の農 夫が乗った1台のトラックが近づいて来た。何かをわめきながら、1人の農夫が発した突然の銃弾にオートバイごと転倒するビリー。後を追ったキャプテン・アメリカも、続いて発射された弾丸にオートバイと共に吹っ飛んでしまった。自由の国アメリカの真の姿を求めた彼らへの、これがファナティックな現実の返答だった。

イージー・ライダーイージー・ライダー
ピーター・フォンダ  デニス・ホッパー       デニス・ホッパー

題名:EASY RIDER
邦題:イージーライダー
監督:デニス・ホッパー
製作:ピーター・フォンダ
製作総指揮:バート・シュナイダー
脚本:テリー・サザーン、ピーター・フォンダ、デニス・ホッパー
撮影:ラズロ・コヴァックス
美術:ジェレミー・ケイ
編集:ドン・キャンバーン
音楽:ザ・バーズ、ステッペン・ウルフ、ジミ・ヘンドリックス他
出演:ピーター・フォンダ、ジャック・ニコルソン、デニス・ホッパー、カレン・ブラック、ロバート・ウォーカー・Jr.、フィル・スペクター、アントニオ・メンドーサ
映画賞:1969年カンヌ国際映画祭[新人監督賞デニス・ホッパー][国際エヴァンジェリ映画委員会賞デニス・ホッパー ]1969年NY批評家協会賞[助演男優賞ジャック・ニコルソン]
1969年アメリカ/テクニスコープ・テクニカラー95分35mmフィルム
イージー★ライダー [Blu-ray]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

イージー・ライダーイージー・ライダー
ピーター・フォンダ  デニス・ホッパー    衝撃のラストシーン