映画「エネミー・オブ・アメリカ」

エネミー・オブ・アメリカエネミー・オブ・アメリカ

今回はトニー・スコット監督1998年製作「エネミー・オブ・アメリカ(ENEMY OF THE STATE)」高評価作品sを ピックアップする。本作はNSA(アメリカ国家安全保障局)が世界規模の盗聴ネットワークを張り巡らせている現実の中で、主人公ディーンが、本人も気 づかないままに暗殺事件の証拠を手にしてしまう事から始まる。NSAが最新鋭のテクノロジーを駆使した隠蔽工作を開始して証拠と共に抹殺しようとするサス ペンスだ。電話、FAX、無線、ネットワークルーターの通信傍受、レーダーやミサイルの監視など、地球上のみならず、宇宙にも及ぶ盗聴が、この様にある事 に驚きだった。作品としても高評価だ。

エネミー・オブ・アメリカエネミー・オブ・アメリカ

【ストリー】
ディーン(ウィル・スミス)は腕のいい弁護士。妻カーラ(レジーナ・キング)と息子エリック(ジャッシャ・ワシントン)とともに成功した人生を歩んでい た。ところが、ある日、偶然大学時代の同級生から暗殺の現場が映ったビデオテープを受け取ってしまう。テープの中身は、国家安全保障局=NSAに出向中の 行政官レイノルズ(ジョン・ヴォイト)がテロ防止法案を巡って対立する下院議員を謀殺している場面だった。なにも気づかないまま、NSAから追われる ディーン。巨大な管理システムを持つNSAは、ディーンのプライバシーを暴き、失職にまで追いつめる。情報屋のブリル(ジーン・ハックマン)に助けを求めたディーン だが、身体中につけられた追跡装置や盗聴器を指摘され、ブリルに避けられる。だが、仕事仲間のレイチェル(リサ・ボネット)をNSAに殺されたディーンは 再びブリルと接触し、共にNSAと戦う決意をする。元NSA通信員だったブリルは敵と同じ手口でレイノルズに揺さ振りをかける。しかし、作戦は失敗。二人 は捕らえられてしまう。機転を効かせたディーンは「テープは別の場所にある」と嘘を言いレイノルズをFBIが監視するマフィアの店へ誘う。マフィアと揉め たレイノルズは銃撃戦の末、死亡。ほかの職員もFBIに捕らえられる。騒ぎの中、ひっそりと姿を消すブリル。騒ぎが収まったころ、ディーンが居間でくつろ いでいると、ふいにテレビにバカンスを楽しむブリルの映像が転送されてくる。それはブリルからデイーンヘの最後の挨拶だった。

エネミー・オブ・アメリカエネミー・オブ・アメリカ

題名:ENEMY OF THE STATE
邦題:エネミー・オブ・アメリカ
監督:トニー・スコット
製作:ジェリー・ブラッカイマー
脚本:デヴィッド・マルコーニ
撮影:ダン・ミンデル
美術:ベンジャミン・フェルナンデス
衣裳:マルレーネ・スチュワート
編集:クリス・レベンゾン
音楽:トレヴァー・ラディン、ハリー・グレッグソン・ウィリアムズ、トレヴァー・ラビン
撮影機材:パナビジョン
出演:ウィル・スミス、ジーン・ハックマン、ジョン・ボイト、レジーナ・キング、バリー・ペッパー、ガブリエル・バーン、ジェイソン・リー、スチュアート・ウィルソン、ローレン・ディーン、リサ・ボネ
1998年アメリカ/シネスコサイズ・カラー132分35mmフィルム
エネミー・オブ・アメリカ [Blu-ray]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


エネミー・オブ・アメリカ(ENEMY OF THE STATE)
トニー・スコット監督
トニー・スコット監督

【追記・訃報】
1986年「TOP GUN(トップガン)」の大ヒットで有名なトニー・スコット監督は、2012年8月19日に亡くなった。