映画「夕陽のギャングたち」

夕陽のギャングたち夕陽のギャングたち
ジェームズ・コバーン             ロッド・スタイガー

今回は巨匠セルジオ・レオーネ監督1971年製作「夕陽のギャングたち(GIU LA TESTA/DUCK,YOU SUCKER)」をピックアップした。本作は「ウエスタン」同様に往来のマカロニウエスタンとは言い難く、レオーネ監督の西部劇最後の作品になった。20世紀初頭のメキシコを舞台にアイルランド人革命家とメキシコ人山賊を描いた内容となっているが、配役に「続・夕陽のガンマン」のクリント・イーストウッド(ジョン・マロリー役)とイーライ・ウォラック(ファン・ミランダ役)を想定して脚本化したが、ユナイト映画の意向で変更したそうである。

作品リスト

夕陽のギャングたち夕陽のギャングたち
ジェームズ・コバーン、ロッド・スタイガー

【ストリー】
1913年のメキシコ。陽気で人の好い山賊の首領ファン・ミランダ’ロッド・スタイガー)は、サン・フェリペに通じる街道で、駅馬車を襲った後オートバイ で通り合わせたアイルランド人ジョン・マロリー(ジェームズ・コバーン)を捕えた。彼は、アイルランド共和国の脱走兵でやたらダイナマイトを振り廻すとこ ろから、イギリス政府のおたずね者になっていた。メサ・ベルデの銀行を襲撃しようとしているファンにとって、彼と組めば鬼に金棒だ。早速二人はメサ・ベル デ行の列車に乗り込んだ。
途中、ファンは警察に見つかり逮捕されそうになったところを、謎の人物、外科医のビレガ博士(ロモロ・ヴァッリ)によって助けられた。メサ・ベルデに着い てみると、銀行は軍隊によって警護されていたが、計画を敢行し襲ってみると、中には政治犯が監禁されていた。パンチョビラやサパタの革命軍に加わっている ビレガ博士に引っかかってしまったのだ。ファンは革命軍の英雄として祭り上げられたものの、冷酷なグチエレス大佐(アントワーヌ・サン=ジョン)率いる政 府軍によって追われる身となってしまった。やがてグチエレスの手によってビレガ博士が捕えられ、激しい拷問の結果、何千という革命の指導者たちが死ぬこと になった。一方、山の隠れ家に戻ったファンが目撃したものは、老いた父ニーノ、そして可愛い六人の息子がグチエレスによって虐殺されている姿だった。怒り に燃え復讐を決心したファンは、待ち伏せていたグチエレスに捕えられたが、ジョンに救出された。
アメリカへ行こうと決めた二人は列車に飛び乗った。その列車が革命軍に攻撃された時、ファンは逃亡中の総督ドン・ハメイ(F・グラツィオーシ)を殺し、ま たまた革命軍の英雄に祭り上げられてしまった。もうアメリカの銀行を襲うどころではない。パンチョビラがファンにほれ込んだのだ。そんな時、ビレガが革命 軍に戻ってきてジョンをびっくりさせた。
彼は、ジョンに裏切り行為を目撃されていたとは知らないのだ。パンチョビラは、ファンとジョンに、グチエレスと千人の部下を運ぶ列車の襲撃を命じた。ジョ ンはビレガを連れてダイナマイトを積んだ列車に乗り込んだ。それをグチエレスの列車に衝突させようというのだ。二台の列車が近づき、あわやという瞬間、 ジョンは飛びおり、ビレガを乗せた列車は轟音をたてて衝突した。そこへファンの率いる一隊が到着し、後始末を始めた。硝煙の中からファンが現われ、二人が 駆けよろうとした時、銃声が響き、ジョンの躯がくずれ落ちた。涙にくれるファンにほほえみかけるジョンは上着のポケットに目をやった。そこにはダイナマイ トが二本残っていた。「お願いだ」、ファンは導火線に火をつけた。赤い火花は空を彩り、それはジョンが夢みたであろう最も大きな、美しい、見事な爆発で あった。

夕陽のギャングたち夕陽のギャングたち

英題:DUCK,YOU SUCKER
伊題:GIU LA TESTA
邦題:夕陽のギャングたち
監督:セルジオ・レオーネ
脚本:ルチアノ・ヴィンセンツォーニ、セルジオ・レオーネ、セルジオ・ドナティ
製作:フルビオ・モルセッラ
撮影:ジュゼッペ・ルゾリーニ
特殊効果:アントニオ・マルゲリーティ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演者:ロッド・スタイガー、ジェームズ・コバーン、ロモロ・ヴァッリ、マリア・モンティ、フランコ・グラツィオーシ
1971年イタリア・アメリカ/シネスコサイズ・カラー157分35mmフィルム
夕陽のギャングたち 完全版 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

夕陽のギャングたち夕陽のギャングたち
夕陽のギャングたち(GIU LA TESTA/DUCK,YOU SUCKER)