映画「女囚701号さそり」


女囚701号さそり 主演:梶芽衣子

今回は東映映画(大泉撮影所)1972年製作、伊藤俊也監督第一回作品「女囚701号さそり」をピックアップした。梶芽衣子さんの魅力満載の映画 だ。当時、彼女が主題歌を歌った「恨み節」EPレコード盤を買った事を思い出す。この曲は後にクエンティン・タランティーノ監督作品「キル・ビルVol.2」で使用 された。
内容は元祖「マジすか!学園」大人版といった内容だが、大島渚監督、若松孝二監督作品の横山リエさんやベテランの扇ひろ子さん、渡辺やよいさん、片山由美子さん、三原葉子さん、根岸明美さんなど女優さん達の惜しげもないヌードもレアだ。

スタッフは巨匠仲沢半次郎氏が撮影を担当され、私もチーフ撮影助手時代にTV映画(東映企画プロ)でご一緒させて戴いた川崎保之丞氏が照明を担当されているから安心して見れた。

【ストリー】
Y県女子刑務所。けたたましく鳴り響くサイレン、女囚二人が脱走を企だてた。松島ナミ、木田由紀子である。しかし、刑務所々長郷田らの必死の追跡で、脱走 は失敗に終る。捕われた二人はイモ虫のように手足を縛られ、懲罰房へ入れられた。身動きのできない状態でナミは過去のことを思い起こすのだった。ナミには 麻薬取締りの刑事、杉見という恋人かいたが杉見はナミを麻薬捜査の囮として使い、強姦させたあげく、自分はその現場に乗り込み、麻薬を押収する。そのう え、その麻薬をネタに麻薬組織海津興行に寝返ったのである。杉見の愛を信じていたナミにとってこの裏切りは許せなかった。翌日、杉見を襲うが致命傷には到 らず、その場で逮捕されたのであった。“復讐”という執念に燃えるナミは刑務所内でも異様な存在で、皆から反感を受けていた。ただ、口の不自由な木田由起 子だけがナミを慕い近ずいていた。ナミと由起子が懲罰房から解放された頃、新入りの女囚進藤梨恵が入所して来た。梨恵もナミ同様他の女囚たちと肌が合わず 対立した。ある日、梨恵は片桐らの企みであやうく無実の罪に陥れられそうになるが、ナミの機転で救われ、以来ナミに好意を持つようになる。しかしこの事件 で、梨恵の替りに罪をきせられた政木が逆上し郷田の眼をガラスの破片で刺してしまった。怒った郷田は全員に穴掘り作業を命じ、その後、ナミには“閻魔おと し”を命令。“閻魔おとし”とは囚人たちが最も恐れている穴掘り作業、つまり一つの穴を掘っては埋め、埋ては掘るという作業なのである。極度の疲労に襲わ れるナミ、とうとう同情した由起子が看守を襲い、それをきっかけに、日頃看守たちに虐待を受けていた女囚たちの憎悪が爆発、大騒動を起こし、倉庫にたてこ もる。しかし、この暴動の際に由起子が射殺された。そして、ナミは由起子から片桐が自分の命を狙っていると知らされ、杉見の手がここまでのびていることを 知り愕然とする。片桐はナミを裏切り者扱いにし、他の女囚らを煽動、ナミに凄絶なリンチを加える。しかしナミは逆に片桐の企みを暴き片桐を裏切り者にして しまうのに成功する。一方郷田らは食事の差し入れと偽り、一挙に倉庫になだれ込み、全員逮捕するが、この間倉庫に火をつけ混乱を起したナミは見事脱走に成 功する。そして、厳重な警戒の網の目をくぐって念願だった杉見及び海津への復讐を果すのだった。

題名:女囚701号さそり
監督:伊藤俊也
脚本:神波史男、松田寛夫
原作:篠原とおる
撮影:仲沢半次郎
照明:川崎保之丞
録音:広上益弘
美術:桑名忠之
編集:田中修
音楽:菊池俊輔
助監督:小平裕
出演:梶芽衣子、横山リエ、夏八木勲、渡辺文雄、扇ひろ子、渡辺やよい、片山由美子、三原葉子、根岸明美
1972年日本・東映/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
<DVD>女囚701号さそり [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


女囚701号さそり」扇ひろ子、横山リエ        渡辺やよい