映画「東風」

東風東風
アンヌ・ビアゼムスキー                                     ジャン・マリア・ボロンテ

今回はジャン=リュック・ゴダール監督1969年製作「東風(LE VENT D’EST/VENTO DELL’EST)」をピックアップした。
主演のジャン・マリア・ヴォロンテは「荒野の用心棒」「夕陽のガンマン」「続・夕陽のガンマン」「群盗荒野を裂く」に出演したイタリアの性格俳優である。女革命家を演じるアンヌ・ヴィアゼムスキーは当時ゴダールの妻であり、ジガ・ヴェルトフ集団と行動を共にしていた。ジャン=リュック・ゴダール監督の次作「イタリアにおける闘争(LOTTE IN ITALIA/1969年)」に主演している。

作品リスト

東風東風

【解説】
ファースト・シーンは一組の男女が草むらで鉄に結ばれている。女性ナレーターの声がかぶり、ドッジシティの鉱山労働者のストライキの話を伝える。社民と修 正主義者と極左少数派についてだ。そして戦闘的映画人は〈何をなすべきか〉を自問する。まず革命映画について歴史を紐解いてみよう。
いかに革命映画は堕落したのか?〔東風〕タイトル。青年(囚人)とアンヌ・ビアゼムスキー、8mmカメラの女、カウボーイ・ハットの代表、ライフル銃の実 行者(ジャン・マリア・ボロンテ)とインディアン青年等登場。労働者についての討論。そして代表の闘争形態の欺瞞性が暴露される。彼は労働者の階級闘争を 日和見闘争に収斂し、自分は労働貴族たらんとする修正主義者である。〔極左少数派〕はこの犯罪行為に対し〔何をなすべきか〕〔ストライキ〕の挿入。また 〔統一〕とは?野外討論会場。(前からタイトルやナレーターの声と前後し六名のアクションがモンタージュ)また(スターリン、毛沢東のカットもこの辺で頻 繁に挿入--まるで西部劇のお尋ね者の様に)68年の五月に我々は何を経験したのか?帝国主義と現代修正主義が互に協立するこの時代に……〔これは正しい 映像ではない、単なるひとつの映像だ〕パリの労働者と学生の争議の話。〔ストライキ、代表、大会、弾圧、少数派煽動、等のタイトル〕(青年の拷問のカット バック)(交互に鎖の青年とインディアン、騎兵士官のアクション)紛争挑発と失敗の繰り返しは世界の帝国主義者と反動派の論理だ。〔闘争、失敗、再び闘 争……かくて勝利の日までこれが人民の論理である〕搾取階級と被搾取階級との闘争におき、共通な真実は存在しない。1968年から1969年のイタリアで映画を撮ったが、どうやって作ったか?いま批判し、変革する。どんな個人でも錯誤を避ける事は難しい。その錯誤の訂正がマルクス主義教育にとっての一般的活動なのだ。これらを考え、あなたの大衆からの離間を批判しよ う。(農場、工事現場、貧民街、住宅地のショット)だがこのブルジョア社会学分析によるシネマ=ベリテは悲惨な人民がいるが、戦う人民がいない。修正主義 者、支配者の映像だ。彼等の階級の映像と音でないものを作るには、いかな映画的方法で何をなすべきか?ブレジネフ=モスフィルムやニクンン=パラマウント のものでないもの。〔理論〕ハリウッドの〈夢〉を粉砕せよ!(インディアンと馬と騎兵隊のカットバック)モスクワ映画祭、ハリウッド進歩派を粉砕!(V字 型の道の分れ目にグラウベル・ローシャが両手を拡げ立っている。一人の妊婦が第三世界の政治映画の道はどっちと聞き、教えられた道を行くが途中で戻る。それは闘争の複雑さを分析する手段がないから)ブルジョア的上映概 念と闘う事、支配者のイデオロギーから生産用具を奪い取れ。〔教育〕〔闘争〕(ライフル銃の男のエピソードと中国の医療制度と文化大革命の話)ブルジョア 文化の同盟者たる修正主義知識人を撃て!〔教育〕大学でブルジョア奉仕を学ぶ者たちには我々の社会の席はないし、あるのはブルジョアの所有地内の鎖のつい た犬小屋のみ。(真紅の画面のフラッシュ)〈自主管理〉(画面にスリ傷)理論は一度、大衆の中に浸透するや物質的な力となる。〔理論〕〔武力闘争詳細〕バ ズーカ砲の構造その他。闘士への忠告。〔市民の暴力〕マルキシズム原則は、最終的分析により、次の一句に帰結する〈造反有理〉ブルジョアの永遠の欺瞞と闘 い断固、造反すべし!〔世界には現在東風と西風がある。情勢は東風が西風を圧倒している。つまり、社会主義勢力は帝国主義勢力に対し絶対優位……〕

東風東風

題名:LE VENT D’EST/VENTO DELL’EST/WIND FROM T
邦題:東風
監督:ジャン=リュック・ゴダール、ジャン=ピエール・ゴラン
製作:アルトゥール・ブラウナー
脚本:ジャン=ピエール・ゴラン
撮影:マリオ・ヴルピアーニ
衣裳 :リナ・ネルリ・タヴィアーニ
編集 :ジャン=リュック・ゴダール、ジャン=ピエール・ゴラン
出演:ジャン・マリア・ボロンテ、アンヌ・ビアゼムスキー
製作会社 : ポリフィルム(ローマ)、アヌーシュカ・フィルム(パリ)、フィルム・クンスト
配給:フィルムアート社
1969年イタリア・フランス・西ドイツ/スタンダードサイズ・カラー93分35mmフィルム
東風 [ブルーレイ] [Blu-ray]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

東風東風
※左写真は、Beaulieu (ボリュー)8mmキャメラ[4008ZM4]
Cマウントでレンズ交換出来、ミラーシャッター、Super8方式のフランス製8mmキャメラだ。