映画「ブルースチール」

BLUE STEELBLUE STEEL
ジェイミー・リー・カーティス

今回はキャスリン・ビグロー監督1990年製作の「ブルースチール(BLUE STEEL)」高評価作品sをピックアップする。
「ブルースチール」とは酸化焼入れ処理を施した鋼の事だが、この処理が銃器の錆止め用表面処理として用いられる事から「銃の色」または 「銃」そのものを指す言葉としても使われるそうだ。本作はニューヨークを舞台に、殺人鬼の恐怖に立ち向かう新米警官の姿を描くサスペンス映画だ。その後の 「ハート・ロッカー」や「ゼロ・ダーク・サーティ」を予感させる佳作だと思う。私は公開当時に劇場で観た。

作品リスト

BLUE STEELBLUE STEEL
ロン・シルバー               ジェイミー・リー・カーティス

【ストリー】
ニューヨーク・ポリス・アカデミーを卒業し、生涯の夢だった警官になったメーガン・ターナー(ジェイミー・リー・カーティス)は、パトロールの第1夜に スーパーマーケットの押し入り強盗を目撃し、彼女は犯人を射殺する。ところが現場から犯人の銃が発見されず、はっきりとした証言も得られなかったことによ り、メーガンは停職処分をうけてしまう。実はその銃は、現場に居合わせた株のエグゼクティヴ、ユージン・ハント(ロン・シルヴァー)が盗んでいたのだっ た。彼は銃を放つメーガンの姿に魅せられ、その銃の薬莢に彼女の名を彫り込み、深夜無差別殺人を展開させる。殺人課のニック刑事(クランシー・ブラウン) の監視のもと、混乱の日々を過ごすメーガンは、ある雨の日ユージンと出会う。ユージンの正体を知らないメーガンはやがて彼と激しい恋におちるが、ある夜 ユージンから自分が犯人であることを告白されたメーガンは、彼を逮捕することを決意する。しかし強力な弁護士がつき、確実な証拠もつかめないままメーガン が手をこまねいているうちに、ユージンは彼女の親友のトレーシー(エリザベス・ペーニャ)を射殺し、ニックも彼の銃弾に倒れた。そしてひとりユージンに立 ち向かう決意をしたメーガンは、凄まじい逃走と追跡の果てに、命からがらユージンを射殺するのだった・・・。

BLUE STEELBLUE STEEL

題名:BLUE STEEL
邦題:ブルースチール
監督:キャスリン・ビグロー
製作:オリバー・ストーン
製作総指揮:ローレンス・カサノフ
脚本:エリック・レッド、キャスリン・ビグロー
撮影:アミール・モクリ
編集:リー・パーシー
音楽:ブラッド・フィーデル、ブラッド・フィーデル
出演:ジェイミー・リー・カーティス、ロン・シルバー、クランシー・ブラウン、ルイーズ・フレッチャー、エリザベス・ペーニャ、フィリップ・ボスコ、ケヴィン・ダン、トム・サイズモア、リチャード・ジェンキンス、クランシー・ブラウン、エリザベス・ペーニャ
1990年アメリカ/ビスタサイズ・カラー102分35mmフィルム
ブルー・スチール [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。