映画「帰って来たヨッパライ」

帰って来たヨッパライ

大島渚監督1968年製作の「帰って来たヨッパライ」をピックアップした。
当時ザ・フォーク・クルセダーズの同名曲が早回しのテープと奇想天外な歌詞で反響を呼び大ヒットしたのを覚えている。フォークグループやグループサウンズ と言われたジャンルが活躍し人気が出ると映画になった時代だ。そんな背景で大島渚監督が作ると一味も二味も違う作品に仕上がっている。

作品リスト

帰って来たヨッパライ帰って来たヨッパライ
ザ・フォーク・クルセダーズ(加藤和彦、北山修、端田宣彦)  小松方正

【ストリー】
大学生活最後の休暇を楽しむため、大ノッポ、中ノッポ、チビの三人は日本海の海辺に行った。暖い陽気に誘われて三人は、泳いだが、いつの間にか服がなくな り、代りに軍服と粗末な学生服があった。三人はそのため、密航者と思われ、パトカーに追われる破目になった。その途中、たまたま、魅力的なネエちゃんと知 りあい、銭湯で服をすり換える、という知恵を授けられたが、見なれぬ青年と少年にピストルをつきつけられ、もとの服に戻されてしまった。青年たちには、何か事情があるらしいが、三人には何が何だかさっぱり分らない。ただただ、パトカーと、青年との手を逃れるべく、走り回らねばならなかった。追われているうちに、三人は次第に逃げ方も隠れ方も上手になっていったが、いまは、東京が平和で天国のように住み良い所に思えるのだった。三人の逃亡に協 力してくれたネエちゃんは、毒虫という悪者の養女だが、三人には天使のように暖かく、優しかった。そんなうちに、中ノッポがネエちゃんに恋をしてしまっ た。だが、三人は、パトカーと、消えてはまた現われる青年の拳銃におびえながら東京に向って逃亡を続けていかなければならなかった・・・。

帰って来たヨッパライ帰って来たヨッパライ
ザ・フォーク・クルセダーズ(加藤和彦、北山修、端田宣彦)        緑魔子

題名:帰って来たヨッパライ
監督:大島渚
製作:中島正幸
脚本:田村孟、佐々木守、足立正生、大島渚
撮影:吉岡康弘
照明:佐野武治
録音:西崎英雄
編集:浦岡敬一
美術: 戸田重昌
スチール:金田正
音楽:林光
現像:東洋現像所
出演:ザ・フォーク・クルセダーズ(加藤和彦、北山修、端田宣彦)、緑魔子、渡辺文雄、佐藤慶、小松方正、殿山奏司
1968年日本・創造社/シネスコサイズ・イーストマンカラー80分35mmフィルム
You Tube 松竹公式予告編
帰って来たヨッパライ [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

帰って来たヨッパライ帰って来たヨッパライ
佐藤慶                     端田宣彦・緑魔子