映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」

OLYMPUS HAS FALLENOLYMPUS HAS FALLEN

今回はアントワン・フークワ監督2013年製作「エンド・オブ・ホワイトハウス(OLYMPUS HAS FALLEN)」をピックアップした。本作はアメリカ大統領を人質にホワイトハウスを占拠した北朝鮮テロリストにで立ち向かう元SPの姿をVFXで見事に描いている。エキストラの数、銃撃、爆破をホワイトハウスで行っている様に見せている。描写に粗はない。2013年に製作された”アメリカが侵略されるかもしれない”映画としては、「インベージョン・デイ-合衆国陥落の日」と製作費で対照的だが、それは観る側の好みだろう。本作は映画として充分楽しめたが、私が見終わった後に残ったのは後者だった。

OLYMPUS HAS FALLENOLYMPUS HAS FALLEN

【ストリー】
7月4日。それは、イギリスからの独立宣言が公布された、アメリカの独立記念日である。多くの人が独立を祝うこの日、ホワイトハウスの堅固なセキュリティ が突破され、大統領を人質にアジア人テロリストが占拠するという事件が起こった。テロリストたちは、日本海域からの米国第七艦隊の撤収と核爆弾作動コード を要求。彼らはセキュリティを利用し、ホワイトハウスは特殊部隊の救出作戦をもはねつける難攻不落の要塞と化した。最悪の状況の中、一人の警備員が潜入に 成功。彼は、かつて大統領専任のセキュリティ・サービスを務めていたが、大統領夫人を守りきれなかったために官邸周辺の警備員へと配置換えされたマイケ ル・バニング(ジェラルド・バトラー)。マイケルにこの未曽有の事態の解決への希望が託されたが、彼はまだテロリストたちの真の目的に気付いていなかっ た……。

OLYMPUS HAS FALLENOLYMPUS HAS FALLEN

題名:OLYMPUS HAS FALLEN
邦題:エンド・オブ・ホワイトハウス
監督:アントワン・フークワ
製作:アントワーン・フークア、ジェラルド・バトラー、エド・カゼル三世、ダニー・ラーナー、マーク・ギル
製作総指揮:アヴィ・ラーナー、ダニー・ディンボート、トレヴァー・ショート、ボアズ・デビッドソン、ハイディ・ジョー・マーケル、アヴィ・ラーナー、ダニー・ディムボート、トレヴァー・ショート
脚本:クレイトン・ローゼンバーガー、カトリン・ベネディクト
撮影:コンラッド・W・ホール
美術:デレク・R・ヒル
衣裳:ダグ・ホール
編集:ジョン・ルフーア
音楽:トレヴァー・モリス
出演:アーロン・エッカート、ジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン、アンジェラ・バセット、ロバート・フォスター、コール・ハウザー、フィンリー・ジェイコブセン、アシュレイ・ジャッド、メリッサ・レオ、ディラン・マクダーモット
2013年アメリカ/シネスコサイズ・カラー120分デジタルシネマ
エンド・オブ・ホワイトハウス [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

OLYMPUS HAS FALLENOLYMPUS HAS FALLEN