映画「星空の用心棒」

星空の用心棒
ジュリアーノ・ジェンマ

今回はスタン・バンス(本名はフロレスターノ・バンチーニ)監督1967年製作「星空の用心棒(LONG DAYS)」をピックアップする。アレクサンドル・デュマ・ペールの小説「モンテ・クリスト伯」を西部劇に脚色した復讐劇だ。脱獄したテッド(ジュリアーノ・ジェンマ)の伸びた本物の髪と髭は「続・荒野の1ドル銀貨」でも見せたが珍しい。

星空の用心棒星空の用心棒

ジュリアーノ・ジェンマ ジュリアーノ・ジェンマは、「山猫(IL GATTOPARDO/1963年ルキノ・ヴィスコンティ監督)」などに出演した後、1965年に「夕陽の用心棒」「荒野の1ドル銀貨」を皮切りに「続・荒野の1ドル銀貨」「続・さすらいの一匹狼」「南から来た用心棒(ARIZONA COLT/ミケーレ・ルーポ監督1966年)」の後に本作主演となる。

【追悼】
2013年10月1日にマカロニ・ウエスタンのプリンスと言われ、日本で最も人気の高かったジュリアーノ・ジェンマさん(75歳)が交通事故のため、ローマ近郊のチェルヴェーテリで死去されました。ジュリアーノ・ジェンマさんの大フアンである筆者は大変残念に思います。謹んでご冥福をお祈り致します。

星空の用心棒
ガブリエラ・ジョルジェリ

情無用のコルト」を始めイタリア製西部劇に何本か出演しているガブリエラ・ジョルジェリは可憐な女優だ。殺伐とした内容が多いマカロニウエスタンのヒロインは美人が多い。

【ガブリエラ・ジョルジェリの主な日本公開作品】
1962年「禁じられた恋の島(ARTURO’S ISLAND)」ダミアーノ・ダミアーニ監督
1963年「明日に生きる(I COMPAGNI)」マリオ・モニチェリ監督
1967年「情無用のコルト(ALL’Ombra di una Colt)」ジャンニ・グリマルディ監督
1976年「新・課外教授(LA MOGLIE DI MIO PADRE)」アンドレア・ビアンキ監督

星空の用心棒
ニエヴェス・ナバロ(スーザン・スコット)

ニエヴェス・ナバロも美しいスペインの女優だ。彼女のマカロニ歴は多い。

【ニエヴェス・ナバロの主な日本公開作品[マカロニウエスタンのみ]
1965年「夕陽の用心棒」ドゥッチョ・テッサリ監督/主演:ジュリアーノ・ジェンマ

1966年「必殺のプロガンマン(EL ROJO)」レオ・コールマン監督/主演:リチャード・ハリソン
1968年「続・荒野の1ドル銀貨」ドゥッチョ・テッサリ監督
1968年「復讐のガンマン」セルジオ・ソリーマ監督/主演:リー・ヴァン・クリーフ
1970年「サルタナがやって来る」ジュリアーノ・カルニメーオ監督/主演:ジャンニ・ガルコ
※本作からスーザン・スコット名でクレジット
1971年「大西部無頼列伝(ADIOS,SABATA)」フランク・クレイマー監督/主演:ユル・ブリンナー

星空の用心棒星空の用心棒
ガブリエラ・ジョルジェリ                                  ジュリアーノ・ジェンマ

【ストリー】
テキサス山中の牢から一人の若い囚人が脱獄した。その男テッド(ジュリアーノ・ジェンマ)は策略によって無実の罪をさせられ、三十年の強制労働を宣言され ていた。
テッドは、自分を牢獄に送りこんだチャールスタウンの大地主コッブ、その部下のゴメス、保安官のダグラス、その妻ドリーに復讐する一念で、脱獄したので あった。
テッドの脱獄を知らされ動揺したコッブの意向を察したゴメスは、自分の手下たちをさし向けテッドを殺させようとしたが、逆にテッドに片付けられ た。ゴメスの家を訪ね、真犯人を聞き出し、抵抗しようとしたゴメスを射殺したテッドは、チャールスタウンに向った。途中、テッドは気のいいイカサマ師とそ の娘ダルシーを苦境から救い、町まで馬車にのせてもらった。 町についたテッドは、コッブが鉄道を利用し、武器の密売をしようとしているのを聞き、その列車 を横どりし、隠した。その夜、テッドはダグラスの家に押し入り、ダグラスがテッドの父親を殺したという事実をかたらせ、射殺した。
翌朝、コッブは、武器の 取りひきをすべく約束のところでメキシコ人をまちあわせたが、到着した列車の中はカラッポである。それがテッドの仕業であることを感知したコッブは、怒る メキシコ人をなだめ、引きあげた。その直後に、テッドがあらわれ、隠した武器を餌に、メキシコ人たちのコッブに対する憎しみを煽りたてようとした。が、こ の計画は失敗、逆にテッドは殴られ、ダルシーたちに助けられるしまつとなった。手当てをうけ、元気をとりもどしたテッドは、その足で町の判事のもとに行 き、コッブの罪状を告げ、また判事の正義感にうったえ、無実を証明しようとした。判事はテッドの告白を裏付けるべく現場に行ったが、証拠をつかむことはで きず逆にテッドの有罪を信じてしまった。かくて、翌日、テッドは絞首刑に処せられることになった。が間一髪という時、判事が到着。 彼はテッドの無実を証明 すると同時にコッブの罪状を暴露した。意外なことにコッブは、拳銃を乱射。その弾にあたってドリーがたおれ判事は傷ついた。息づまるような射合いの後、 テッドとコッブの対決の時がきた。が、テッドの銃には一発の弾ものこっていなかった。ゆっくりとコッブが近づいてくる。その時、テッドの右手が宙を切っ た。うめき声をあげてたおれるコッブの咽喉には、ダグラスがつけていた保安官の星形バッチがささっていた。

星空の用心棒星空の用心棒
ニエヴェス・ナバロ                                             ジュリアーノ・ジェンマ

英題:LONG DAYS
伊題:I LUNGHI GIORNI DELLA VENDETTA
邦題:星空の用心棒
監督:スタン・バンス(本名はフロレスターノ・バンチーニ)
原案:マナヘム・ヴェラスコ
脚本:フェルナンド・ディ・レオ、アウグスト・カミニート
撮影:フランシスコ・マリン
美術:Wolfgang Burman
音楽:アルマンド・トロヴァヨーリ
出演:ジュリアーノ・ジェンマ、フランシスコ・ラバル、スーザン・スコット(ニエヴェス・ナバロ)、ガブリエラ・ジョルジェリ
1967年イタリア/テクノビジョン・イーストマンカラー90分35mmフィルム
星空の用心棒 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

星空の用心棒星空の用心棒星空の用心棒星空の用心棒
星空の用心棒星空の用心棒星空の用心棒星空の用心棒
星空の用心棒星空の用心棒星空の用心棒星空の用心棒
星空の用心棒星空の用心棒星空の用心棒星空の用心棒
星空の用心棒星空の用心棒星空の用心棒星空の用心棒