映画「オーシャンズ11」

オーシャンズ11オーシャンズ11
ジョージ・クルーニー              ブラッド・ピット

今回はスティーブン・ソダーバーグ監督2001年製作「オーシャンズ11(OCEAN’S ELEVEN)」をピックアップする。
本作は1960年に製作された「オーシャンと十一人の仲間(ルイス・マイルストン監督)」のリメイク版でハリウッド を代表する豪華な俳優陣でキャスティングされているスティーブン・ソダーバーグ監督の代表作だ。続編として2005年に「オーシャンズ12」、2007年に「オーシャンズ13」が製作された。

オーシャンズ11オーシャンズ11
マット・デイモン                アンディ・ガルシア

【ストリー】
仮釈放中の窃盗犯ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)は、いかさまトランプ師のラスティー(ブラッド・ピット)、スリの達人ライナス(マット・デ イモン)、爆破の達人バシャー(ドン・チードル)、元カジノ・オーナーのルーベン(エリオット・グールド)、車両のプロであるヴァージル(ケイシー・アフ レック)とターク(スコット・カーン)の兄弟、カード・ディーラーのフランク(バーニー・マック)、元詐欺師のソール(カール・ライナー)、配線のプロで あるリヴィングストン(エディー・ジェイミソン)、アクロバットの達人イエン(シャオボー・クィン)という仲間を集め、ラスヴェガスの三大カジノの金が収 められる地下金庫を狙う壮大な犯罪を計画。そのカジノのオーナーのベネディクト(アンディ・ガルシア)は、オーシャンの離婚寸前の妻であるテス(ジュリ ア・ロバーツ)を恋人にしていた。計画が進む中、オーシャンは現金だけでなく、テスの愛をもベネディクトから奪おうとする。やがてオーシャンは、仮釈放中 の身で州外に出ていたことから1人逮捕されるものの、残りのメンバーが現金を強奪。そして数か月後、出所してきたオーシャンを、ラスティーとテスが迎えに きており、オーシャンとテスは車の後部座席でヨリを戻すのだった。

オーシャンズ11オーシャンズ11
ジュリア・ロバーツ

題名:OCEAN’S ELEVEN
邦題:オーシャンズ11
監督:スティーブン・ソダーバーグ
製作総指揮:ジョン・パーディ、スーザン・イーキンズ、ブルース・バーマン
製作:ジェリー・ワイントローブ、ジョージ・クルーニー
原案:ジョージ・クレイトン・ジョンソン 、 ジャック・G・ラッセル
脚本:テッド・グリフィン
撮影:スティーヴン・ソダーバーグ
編集:スティーヴン・ミリオン
美術:フィリップ・メッシーナ
衣装:ジェフリー・カーランド
音楽:デイヴィッド・ホルムズ
出演:ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、アンディ・ガルシア、ケイシー・アフレック、ドン・チードル、 シャオポー・クィン、エリオット・グールド、エディー・ジェミソン、バーニー・マック、カール・ライナー、スコット・カーン
2001年アメリカ/シネスコサイズ・テクニカラー142分35mmフィルム
オーシャンズ11 特別版 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

オーシャンズ11オーシャンズ11