映画「新幹線大爆破」

新幹線大爆破
高倉健

今回は佐藤純彌監督1975年製作「新幹線大爆破」をピックアップした。
本作は東映が5億円の製作費を投じた大作だ。
「新幹線の乗客を人質にとった爆弾脅迫事件が発生し、爆弾は走行中の新幹線に仕掛けられ列車の速度が時速80キロ以下になると爆発する。」という設定は、1994年製作のアメリカ映画「スピード(SPEED/ヤン・デ・ボン監督)」の原形となったと言われている。

【追記・訃報】
本作に主演した高倉健さんが2014年11月10日に病気の為に亡くなった。1955年に東映ニューフェイス2期生としてスタート、1955年「電光空手打ち」で主演デビュー、205本の映画に出演し日本を代表する名優だった。スクリーンでもう見れないかと思うと寂しい。謹んでご冥福をお祈り致します。「敦煌」「人間の証明」などで知られる映画監督の佐藤純彌(さとう・じゅんや)さんが2019年2月9日午後11時、多臓器不全による衰弱のため東京都内の自宅で死去した。86歳。東京都出身。17日に告別式を済ませた家族が映画会社を通して発表した。後日、お別れの会が営まれる予定。
2019年2月17日 13:50 スポニチアネックス

 佐藤純彌監督

新幹線大爆破新幹線大爆破
新幹線総合指令所のセット          0系新幹線車内のセット

映画の内容と題名で国鉄(現:JR)から撮影協力は得られなかったので、新幹線総合指令所や新幹線車内、新幹線走行外景(ミニュチュア)などは東映大泉撮影所で撮影されている。
実景カットもあるがダマテンかアリネガであろう。

新幹線大爆破新幹線大爆破
高倉健                      宇津井健

出演者は日本が誇る高倉健を始めとする錚々たる俳優陣だが、国内でヒットはしなかった。しかし海外で、特にフランスで大ヒットした。そしてフランス語吹き替え版が逆輸入され日本で凱旋公開した作品となった。

新幹線大爆破新幹線大爆破
千葉真一                    山本圭

【ストリー】
約1500人の乗客を乗せたひかり109号、博多行は9時48分に定刻どうり東京駅19番ホームを発車した。列車が相模原付近にさしかかった頃、国鉄本社公安本部に109号に爆弾を仕掛けたという電話が入った。特殊装置を施したこの爆弾はスピードが80キロ以下に減速されると自動的に爆発するというのだ。さらに、この犯人は、このことを立証するために札幌近郊の貨物列車を爆破する。これらの完璧な爆破計画は、不況で倒産した精密機械工場の元経営者・沖田哲男(高倉健)、工員の大城浩(織田あきら)、そして元過激派の闘士・古賀勝(山本圭)によるものであった。そして沖田は500万ドルを国鉄本社に要求した。運転指令長の倉持(宇津井健)は、運転士の青木(千葉真一)に事件発生を連絡するとともに警察庁の須永刑事部長、公安本部長の宮下を招集、対策本部を設定した。やがて国鉄側が沖田の要求に応じたために、大城が500万ドルを受け取りに向ったが、パトカーの執拗な追跡に事故死してしまった。仲間を失った沖田は単身、捜査本部と虚々実々の掛け引きを展開し、沖田は巧妙な手口を駆使してついに500万ドルを手に入れた。しかし古賀は、貨物爆破の現場に残したタバコから身許が割れ、沖田を逃すために自爆した。沖田は、捜査本部に爆弾除却方法を記した図面が喫茶店サンプラザのレジにあることを知らせ、変装、偽名を使って海外旅行団の一員として羽田に向った。ところが、その喫茶店が火事になって、図面が焼失してしまったのだ。捜査本部はTVで必死に沖田に呼びかけたが、反応はなかった。緊迫した捜査本部に、制限速度ぎりぎりで走る109号を外から撮影したフィルムが届けられた。そのフィルムから爆弾装置の箇所が判明された。早速、爆弾の仕掛けられた位置の床を焼き切るために109号と並行して別の新幹線を走らせ、酸素ボンベと溶接器を運び入れ、見事、爆弾除去に成功した。一方、沖田は羽田国際空港で張り込む刑事たちの目を逃れて搭乗しようとしたが、刑事たちが連れて来ていた息子の賢一が沖田に声をかけたために見破られてしまった。沖田は必死に逃走するが、追って来た刑事たちに射殺された。

新幹線大爆破
1/20スケールの0系新幹線と実写のマスク合成カット

特撮シーンは特殊技術の成田亨氏によるもので、新幹線などのミニチュアは長らく映画・TVの特撮作品で金属模型を手掛けた郡司製作所が担当したそうだ。ミニチュアといっても1両の長さは1メートル近くあり、撮影用に2編成・計24両を製作している。東映大泉撮影所の裏手に全長150メートルほどの縦長のオープンセットを組み、微妙な傾斜をつけて新幹線のミニチュアを走らせたという(自走式では無かった)。その後この新幹線のミニチュアは、後にTV映画「ウルトラマン80」でも使用されたそうだ。

新幹線大爆破新幹線大爆破
シュノーケルカメラによるローアングル

背景の都市はミニチュアではなく、ビルのモノクロ写真を引き伸ばして、パネルに貼り付けて着色したそうだ。これは成田氏の発案で、限られた予算内で撮るためのアイデアの一つだった。この特撮の為に当時最新鋭だったシュノーケル・カメラをNACからレンタルしたが、1日のレンタル料が当時で100万円という破格なものだったそうだ。(参照:ウィキペディア)

新幹線大爆破
Arriflex35 ⅡC と Eclair16 NPR

「高速度撮影カメラ」で0系の床下部を撮影するくだりがあるが、その様なキャメラは出て来ない。
写真左の2台はARRIFLEX35 ⅡC、ARRIFLEX16 ST、正面はECLAIR 16 NPR(24/fps同時録音カメラ)であり、東映にあったキャメラを動員した様だが、ARRIFLEX35 HSタイプだとしても72/fpsなので高速度の解析は出来ない。35mmならPHOTOSONIC 4E、16mmならMILLIKEN DBM55やPHOTOSONIC ACTIONMASTERなど500/fpsのコマ速度は必要だ。(筆者解説)

新幹線大爆破新幹線大爆破
小林稔侍、千葉真一                 竜雷太

題名:新幹線大爆破
監督:佐藤純彌
企画:天尾完次、坂上順
原案:加藤阿礼
脚本:小野竜之助、佐藤純弥
撮影:飯村雅彦
特撮:小西昌三
特技:成田亨
照明:川崎保之丞
美術:中村修一郎
録音:井上賢三
編集:田中修
音楽:青山八郎
現像:東映化学
出演:高倉健、千葉真一、宇津井健、山本圭、田中邦衛、織田あきら、郷えい治、小林稔侍、志村喬、川地民夫、竜雷太、宇津宮雅代、丹波哲郎、藤田弓子、岩城滉一
1975年日本・東映/シネスコサイズ・フジカラー152分35mmフィルム
新幹線大爆破 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

新幹線大爆破新幹線大爆破
渡辺文雄                    川地民夫、田中邦衛