SSD最適化の驚き!

SSD最適化設定

Windowsの初期設定はHDD用になっている。SSDに装換された方も多いと思うが、そのままだとSSDの寿命が3倍以上早く消耗する場合があるそうだ。特に注意したいのが「ハイバネーション」がONだと完全にスリープ状態になる毎にメモリ容量分、SSDの寿命が削られる。せっかくSSDにしてスピーディになったのに3倍以上も早くオシャカになるのではたまったものではない!

SSD最適化設定

●ハイバネーションとは
コンピュータの電源を切る直前の状態を保存して、次に電源を入れたときに電源を切る直前の状態から作業を再開する機能で「休止状態」とも呼ばれる。ハイバ ネーションを行うためには、メモリ内容を保存できるだけの空き領域がハードディスクに存在する必要がある。「サスペンド」機能に似ているが、サスペンドは 作業状態をメモリに、ハイバネーションはハードディスクに保存する点が異なる。

●コマンドプロンプトで確認する
ハイバネーション(hiberfil.sys)を無効にしたい時はコマンドプロンプト上で
powercfg.exe /hibernate off
と入力すればOK。
これでエクスプローラなどからシステムドライブを確認すればhiberfil.sysは消えている。
現在のステータスを確認したい時は
powercfg.exe /a
と入力する。

ハイバネーション

SSD最適化設定

Windows7からOSが対応したTrimコマンドは、SSDを効率良くする為の機能なので「ON」にする必要がある。
●Trimコマンドとは
WindowsなどのOS上では、ファイルを消去(ごみ箱から削除)しても、あくまで論理的な消去であり、実際のデータはまだストレージ上に残っている。 論理的に削除されたデータの領域に書き込み発生すると、その時点で物理的な削除処理が発生し、その後に書き込みが行なわれるが、SSDでは上記のブロック コピー処理が発生するため、未使用領域への書き込みよりも大幅に遅くなる。Trimコマンドは、あらかじめ物理消去してもよい論理アドレスをSSDに通知 する。SSDは、書き込み命令を受ける前に、効率よく物理消去を行なえる可能性が出てくる。結果として、消去を伴なう書き込みが減少して、書き込み速度の 低下を抑えることができる訳だ。

SSD最適化設定

●LPM問題
SerialATAのオプション機能の1つLPM(Link Power Management)は、データ転送を行わない時にSerialATAのPHY(物理層)を低電圧状態に移行させ、消費電力を少なくしようとする「パワーマネジメント」の機能の事で、SSDと相性が悪く障害が起こる場合もある。対応している製品なら問題はないのだが、LPM問題が起きたら省電力設定をOFFにしなければならない。

SSD最適化設定

●「SSDにデフラグは必要ない」は間違い!
SSDはデフラグが必要ないとアナウンスされているが、フォーマットがNTFSの場合は必要だ。Windows8からはデフォルトでデフラグ推奨となっているが、デフラグはSSDとHDDで効果的な掛け方が異なる。

SSD最適化設定

電机本舗よりフリーソフトが発表された。インストールする必要はなくダウンロードして実行ファイルを起動るだけで上記項目の最適化をしてくれる。これには重宝した。
以下よりダウンロード出来ます。
SSDの寿命を3倍へ「SSD最適化設定」
著作権者:電机本舗
対応OS:Windows XP/Vista/7/8
ソフト種別:フリーソフト
バージョン:2014/10/25版
※設定は自己責任で行って下さい。