映画「虹に立つガンマン」

虹に立つガンマン虹に立つガンマン
ブライアン・ケリー

今回はフランク・B・コリッシュ(本名:ブルーノ・コルブッチ)監督1968年製作「虹に立つガンマン(SPARA GRINGO SPARA)」をピックアップする。監督のブルーノ・コルブッチ氏はセルジオ・コルブッチ監督の実弟であり、「続・荒野の用心棒」では兄と共同脚本を担当している。主演のブライアン・ケリーは、アメリカTV映画「わんぱくフリッパー」で父親役を好演し、後に「ブレードランナー(BLADE RUNNER/リドリー・スコット監督1982年)」のエグゼクティヴ・プロデューサーに転身している。共演は「マッケンナの黄金(MACKENNA’S GOLD/J・リー・トンプソン監督1969年)」のキーナン・ウィンほか。

虹に立つガンマン虹に立つガンマン
キーナン・ウィン         ブライアン・ケリー、 ファブリツォ・モロニ

【ストリー】
早撃ちと鞭の使い手として名が知られたチャド・スターク(ブライアン・ケリー)は、金持ちのメキシコ人農場主(フォルコ・ルッリ)から、家出して野盗の群れに身を投じた息子のフィデル(ファブリツォ・モロニ)を連れて帰るよう依頼された。苦難の末に彼を見つけ出し、野党の首領デューハン少佐(キーナン・ウィン)を説得して、チャドはフィデルをメキシコへと連れ戻す。途中何度も逃走を試みるフィデルとチャドの間に不思議な友情が生まれ始めるが、家に帰ったフィデルを待っていたのは、残酷な運命だった。多額の報奨金を受け取る直前、チャドは自らの信条を捨てて、銃を手にする。

虹に立つガンマン虹に立つガンマン

題名:SPARA GRINGO SPARA
邦題:虹に立つガンマン
監督:フランク・B・コリッシュ(ブルーノ・コルブッチ)
製作総指揮:アーサー・ステロフ
製作:ウィリアム・サックス
脚本:マリオ・アメンドラ、ブルーノ・コルブッチ
撮影:ファウスト・ザッコーリ
音楽:サンテ・マリア・ロミッテリ
出演:ブライアン・ケリー、キーナン・ウィン、フォルコ・ルリ、エリカ・ブラン、ヴァージニア・フィールド、 リック・バッタリア
1968年イタリア・フランス/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム[日本劇場未公開]
虹に立つガンマン [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

虹に立つガンマン虹に立つガンマン
虹に立つガンマン(SPARA GRINGO SPARA)