映画「お茶漬の味」

お茶漬の味お茶漬の味
佐分利信                      木暮実千代

今回は巨匠小津安二郎監督1952年製作「お茶漬の味」をピックアップした。
本作は倦怠期の夫婦の心模様を、一杯のお茶漬を通してユーモラスに描いた作品で、昭和20年代の東京ドームになる前の後楽園球場、未だ連合軍の管理下にあった羽田空港、パンアメリカン航空のプロペラ機、手動式パチンコなど、当時の風俗、風景を随所に盛り込んでいるのに注目する。

作品リスト

お茶漬の味お茶漬の味
鶴田浩二                      津島恵子

【ストリー】
妙子が佐竹茂吉と結婚してからもう7、8年になる。信州の田舎出身の茂吉と上流階級の洗練された雰囲気で育った妙子は、初めから生活態度や趣味の点でぴったりしないまま今日に至り、そうした生活の所在なさがそろそろ耐えられなくなっていた。妙子は学校時代の友達、雨宮アヤや黒田高子、長兄の娘節子などと、茂吉に内緒で修善寺などへ出かけて遊ぶことで、何となく鬱憤を晴らしていた。茂吉はそんな妻の遊びにも一向に無関心な顔をして、相変わらず妙子の嫌いな「朝日」を吸い、三等車に乗り、ご飯にお汁をかけて食べるような習慣を改めようとはしなかった。たまたま節子が見合いの席から逃げ出したことを妙子が叱った時、無理に結婚させても自分たちのような夫婦がもう一組できるだけだ、と言った茂吉の言葉が、大いに妙子の心を傷つけた。それ以来二人は口も利かず、そのあげく妙子は神戸の同窓生の所へ遊びに行ってしまった。その留守に茂吉は飛行機の都合で急に海外出張が決まり、電報を打っても妙子が帰ってこないまま、知人に送られて発ってしまった。その後で妙子は家に帰ってきたが、茂吉のいない家が彼女には初めて虚しく思われた。しかしその夜更け、思いがけなく茂吉が帰ってきた。飛行機が故障で途中から引き返し、出発が翌朝に延びたというのであった。夜更けた台所で、二人はお茶漬を食べた。この気安い、体裁のない感じに、妙子は初めて夫婦というものの味をかみしめるのだった。その翌朝妙子一人が茂吉の出発を見送った。
茂吉の顔も妙子の顔も、別れの淋しさよりも何かほのぼのとした明るさに輝いているようだった。

お茶漬の味お茶漬の味
笠智衆                       淡島千景

題名:お茶漬の味
監督:小津安二郎
製作:山本武
脚本:野田高梧、小津安二郎
撮影:厚田雄春
照明:高下逸男
録音:妹尾芳三郎
美術:浜田辰雄
装置:山本金太郎
装飾:守谷節太郎
衣裳:齋藤耐三
編集:浜村義康
音楽:斉藤一郎
監督助手:山本浩三
撮影助手:川又昂
出演:佐分利信、木暮実千代、鶴田浩二、淡島千景、津島恵子、三宅邦子、柳永二郎、望月優子、笠智衆、設楽幸嗣
1952年日本・松竹/スタンダードサイズ・モノクロ115分35mmフィルム
お茶漬の味 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

お茶漬の味お茶漬の味
お茶漬の味お茶漬の味