映画「くたばれカポネ」

くたばれカポネくたばれカポネ
ジュリアーノ・ジェンマ        ジュリアーノ・ジェンマ、バッド・スペンサー

今回はE・B・クラッチャー監督1973年製作「くたばれカポネ(EVEN ANGELS EAT BEANS)」をピックアップした。
本作は、ジュリアーノ・ジェンマが主演するスラップスティック・コメディ仕立てのギャングものだが「さすらいの一匹狼」「荒野のドラゴン」など12本のマカロニウエスタンに出演した中国人俳優ジョージ・ワン(本名:Wang Yie)が、おかしな日本人役で道場の師範をしている。
監督のE・B・クラッチャー氏は「ガンマン無頼 」「皆殺しのジャンゴ」では本名のエンツォ・バルボーニで撮影監督としてクレジットされている。「風来坊/花と夕日とライフルと… (1970年/THEY CALL ME TRINITY)」で撮影から監督に転身した様だ。

【当プログで紹介したジュリアーノ・ジェンマの主演映画】
1965年ドッチオ・テッサリ監督「夕陽の用心棒
1965年カルヴィン・J・パジェット監督「荒野の1ドル銀貨
1965年ドッチオ・テッサリ監督「続・荒野の1ドル銀貨
1967年トニーノ・ヴァレリー監督「怒りの荒野高評価作品s
1967年カルヴィン・J・パジェット監督「荒野の一つ星
1967年ジョージ・フィンレー監督「続・さすらいの一匹狼
1967年カルヴィン・J・パジェット監督「さいはての用心棒
1967年スタン・バンス監督「星空の用心棒
1968年シェリオ・ペトローニ監督「暁のガンマン
1969年トニーノ・ヴァレリ監督「怒りの用心棒
1971年ヴァレンティノ・オルジーニ監督「特攻大戦線
1972年ミケーレ・ルーポ監督「新・さすらいの用心棒
1973年E・B・クラッチャー監督「くたばれカポネ
1974年E・B・クラッチャー監督「縄張(シマ)はもらった
1977年ミケーレ・ルーポ監督「カリフォルニア~ジェンマの復讐の用心棒

くたばれカポネくたばれカポネ
“侍”に扮したジュリアーノ・ジェンマ    ジョージ・ワン、ジュリアーノ・ジェンマ

【ストリー】
1920年、ニューヨークは暗黒街。マフィアの大親分アンジェロ(ロバート・ミドルトン)は今、覆面プロレスラーのチャーリー(バッド・スペンサー)に、八百長試合を命じた。だが、割に合わない試合に、チャーリーは相手をのしてしまう。怒ったアンジェロは、部下のコブラ(ビル・バンダース)にチャーリーの覆面をはげ、と命じた。だが、チャーリーを助けたのはソニー(ジュリアーノ・ジェンマ)。彼はかねてから、マフィアに憧れていたが、コブラの子分達をやっつけ、アンジェロに認められる。もちろんチャーリーもいっしょだ。2人はナイトクラブの用心棒や、イタリー人地区での集金の仕事を始めた。だが、イタリー人は貧乏。2人は彼等に食料品を与えたり、逆にサービス。集金をしないと親分に怒られるので、銀行強盗をするが、又この銀行はスッカラピン。結局、2人は敵対するギャングの縄張りを荒すのだった。さあ大変だ。アンジェロはチャーリーに上院議員を、ソニーに敵の子分達を殺すように命じた。だが、2人が殺しにいくと彼らはすでに死んでいる。アンジェロはてっきり2人の手柄とほめるが、コブラが密告者よりの情報をアンジェロにつげ口する。ソニーとチャーリーは身の危険を感じるが、間もなく現われた警官につかまってしまった。だが2人は無実、上院議員は事故死、子分達は死んではいなかったのだ。すべて、大親分と警察のギャング検挙のための陰謀。釈放された2人をおそうアンジェロ一味は、警察につかまり、こうしたことに嫌気がさしたチャーリーはプロレスラーに、ソニーは兵隊に行こうかと思うのだった。

くたばれカポネくたばれカポネ

英題:EVEN ANGELS EAT BEANS
伊題:ANCHE GLI ANGELI MANGIANO FAGIOLI
邦題:くたばれカポネ
監督:E・B・クラッチャー(本名:エンツォ・バルボーニ)
製作:トーマス・サゴーネ
脚本:E・B・クラッチャー、トゥリオ・デミケリ、マリー・クレール・ソレヴィル
撮影:フランシスコ・ヘラッダ・マリン
編集:エウヘニオ・アラビソ
音楽:グイド・デ・アンジェリス&マウリツィオ・デ・アンジェリス
出演:ジュリアーノ・ジェンマ、バッド・スペンサー、ロバート・ミドルトン、ジョージ・ワン、ビル・ヴァンダース、ステファン・ザカリアス、ヴィクター・イスラエル、ジョルジュ・リゴー、フォルチュネイト・アリーナ、マルチェロ・ヴェルジエラ
1973年イタリア/ビスタサイズ・テクニカラー114分35mmフィルム
くたばれカポネ HDマスター版 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

くたばれカポネくたばれカポネ
くたばれカポネ(EVEN ANGELS EAT BEANS)