映画「銀蝶渡り鳥」

銀蝶渡り鳥
「銀蝶渡り鳥」梶芽衣子

今回は山口和彦監督1972年製作「銀蝶渡り鳥」をピックアップする。
本作は梶芽衣子さんの東映初主演第一回作品だ。内容は「女囚さそり」と「修羅雪姫」をミックスしたキャラクターだが製作したのは本作が早かった。キャラもナミがハスラーだという点が目新しい。本作は、クエンティン・タランティーノ監督が師と仰ぐB級ギャング映画の巨匠、フェルナンド・ディ・レオ監督作品「皆殺しハンター」「ザ・ボス 暗黒街の標的」「ザ・シシリアン 復讐の挽歌」など同年代製作の作品と見比べるとおもしろい。ちなみにクエンティン・タランティーノ監督は梶芽衣子さんの大ファンである。

銀蝶渡り鳥銀蝶渡り鳥
梶芽衣子                                                     小山明子、渡瀬恒彦

【訃報・渡瀬恒彦さん死去…72歳】
2017年3年16日(木) 5:00配信 スポニチアネックス
俳優の渡瀬恒彦(本名同じ)さんが2017年3月14日、胆のうがんのため東京都内の病院で死去した。72歳。島根県出身。葬儀は近親者のみで営む。喪主は妻い保(いほ)さん。兄の渡哲也(75)とはまた違った男の魅力で人気を誇ったスター俳優だった。
早大法学部を除籍になった後、電通PRセンターに入社。兄の渡は既に日活の青春スターとしてスターの階段を駆け上がっていたが、渡瀬さんは芸能界に全く興味がなかった。そこを口説いたのが東映の岡田茂社長(当時)で、1969年に同社と契約を結んだ1970年に石井輝男監督「殺し屋人別帳」でデビュー。「仁義なき戦い」シリーズなど数多くのやくざ映画やアクション作品で実力を養い、1978年に出演した深作欣二監督の「赤穂城断絶」と野村芳太郎監督の「事件」の演技でブルーリボン賞助演男優賞などを受賞した。その後も「震える舌」「南極物語」などの話題作で存在感を見せる一方、映画界の斜陽化に伴ってテレビでの活躍も目立つようになった。1973年に女優の故大原麗子さんと結婚したが1976年に離婚。2004年のTVドラマ「十津川警部シリーズ 東北新幹線“はやて”殺人事件」で大原さんと26年ぶりの共演を果たし話題を呼んだ。大原さんが2009年8月に62年の生涯を閉じると、同8月23日に営まれた「お別れの会」には渡瀬さんも参列し、別れを告げていた。

【ストリー】
母を知らず、テキヤの父に育てられたナミ(梶芽衣子)は、不良グループ緋桜会の女番長として顔を売っていたが、仲間の仕返しのため矢島というヤクザを殺し刑務所入りした。その間、矢島の死体にすがって泣く妻小枝子(青柳三枝子)と子供の姿が脳裏に焼きついて離れなかった。それから三年後、出所したナミは、父の昔の仲間で今はビリヤード屋を経営している原田の二階に下宿し、クラブブロンコのホステスとして勤めるようになった。そこには、心臓を患った小枝子が、ママをしていたバアを暴力団大和田興業に取られ、親友の佳代(小山明子)がママをしているブロンコで働いているということを、ビリヤード屋に出入りしているホステスのスカウト屋東隆次(渡瀬恒彦)に聞いたからだった。
ナミは、契約金や給料のほとんどを、名を告げずに小枝子に届けて貰った。一方、ブロンコ乗っ取りを企む大和田(南原宏治)は、佳代が金貸しから貸りていた500万の金を肩代りし、5日間の期限をもうけて返済を迫った。佳代の危機を見かねたナミは、原田に相談を持ちかけた。ナミの玉突きの腕を高く買っていた原田は、ナミが勝てば借金の500万、大和田が勝てば原田の店と土地を賭けた勝負を挑んだ。ナミに対する大和田の代人は、三ッ玉の竜という凄腕だ。だがナミは驚異の逆点を演じ試合は終った。しかし卑怯にも大和田は約束をひるがえし、佳代の恋人で隆次の兄貴分の紳之助を殺してしまった。数時間後、大和田興業は、ナミと隆次の刃によって修羅場と化していた。

銀蝶渡り鳥銀蝶渡り鳥
南原宏治                                                     梅宮辰夫、小山明子

題名;銀蝶渡り鳥
監督:山口和彦
企画:吉峰甲子夫
脚本:松本功 山口和彦
撮影:仲沢半次郎
照明:元持秀雄
録音:井上賢三
美術:北川弘
装置:根上徳一
装飾:田島俊英
美粧:井上守
美容:宮島孝子
衣装:宮下貞子
技斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:長沢嘉樹
音楽:津島利章 「銀蝶渡り鳥」梶芽衣子
製作主任:松本可則
助監督:小平裕
スチール:藤井善男
現像:東映化学
出演:梶芽衣子、渡瀬恒彦、小山明子、梅宮辰夫、南原宏治、青柳三枝子、石井富子、フラワー・メグ、由利徹、園佳也子、植田峻、渡辺やよい、五木ひろし
1972年日本・東映/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
銀蝶渡り鳥【DVD】
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

銀蝶渡り鳥銀蝶渡り鳥
「銀蝶渡り鳥」梶芽衣子