マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「豹/ジャガー」

豹/ジャガー

5月26日に朝日新聞出版より「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第4号が届いた。「マカロニウエスタン」カテゴリになかった「南から来た用心棒」は先日紹介したので、二作品のうち今回は「豹/ジャガー」をピックアップする。
最初にイタリア製西部劇(マカロニウェスタン)を作り始めたのはセルジオ・レオーネ監督という認識が多いが、実は「荒野の用心棒」より一年も早くセルジオ・コルブッチ監督が1963年に「グランド・キャニオンの虐殺(MASSACRO AL GRANDE CANYON)」を西ドイツ製作で撮っていた。いわゆるマカロニウェスタンの先駆となったのはそれ以前に西ドイツで盛んにつくられていたカール・マイ・ウエスタンという一連の西部劇(ロケ地は主にユーゴスラビア)がルーツだそうだ。

※カール・マイ・ウエスタン
カール・マイという一度もアメリカにすら行ったことのない作家が書いた西部小説「ウィネットー」シリーズが大人気を呼び、1962年にハラルト・ラインル監督による 「シルバーレークの待伏せ」が作られた。

豹/ジャガー
フランコ・ネロ、トニー・ムサンテ
豹/ジャガー豹/ジャガー
豹/ジャガー
豹/ジャガー
ジャック・パランス

本作はセルジオ・コルブッチ監督のメキシコ革命3部作のひとつで、他は「ガンマン大連合」と日本未公開「進撃0号作戦(1973年/CHE C’ENTRIAMO NOI CON LA REVOLUZIONE?)」となる。この中で本作と「ガンマン大連合」は、”メキシコ革命を舞台にメキシコ人の若者と、金を目的に北欧から来た男が共闘しメキシコ政府軍と戦う”というモチーフが似ているばかりか、出演は両作ともフランコ・ネロとジャック・パランスである。この二作をセルフ・リメイクと呼ばれているそうだ。

豹/ジャガー豹/ジャガー
豹/ジャガー(A PROFESSIONAL GUN))
豹/ジャガー
ジョヴァンナ・ラッリ
豹/ジャガー豹/ジャガー

マカロニウエスタンで闘牛場(スペイン)が使われているのは珍しいが、ラストシーンのオープンセットは「ガンマン無頼」で使われたものと同一なのを発見した。

001a002a
※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
westan

【次回紹介予定の作品】

この定期購読は、第一弾が1~25号、第二弾が26~51号と予定されていて各号は隔週木曜日に届けられる。前回紹介した創刊号は「荒野の用心棒」1作品のみで990円、以降2作品同梱で1,990円となっている。定期購読は途中で解約可能だが、単品でAMAZONで販売している。

【今後のブログ公開予定】
「マカロニウエスタン傑作DVDコレクション」は、51号まで続くと全101作品にもなる。マカロニウエスタン以外の通常映画作品は、2016年9月まで予約投稿してあるのでこちらを優先して差し込む形で公開してゆく予定です。

【既に発売済の作品】
1.「荒野の用心棒」2016年4月14日発売
2.「荒野の1ドル銀貨」2016年4月28日発売
3.「続・荒野の用心棒」2016年4月28日発売
4.「続・荒野の1ドル銀貨」2016年5月12日発売
5.「さすらいのガンマン」2016年5月12日発売
6.「南から来た用心棒」2016年5月26日発売
7.「豹/ジャガー」2016年5月26日発売

【今後の発売予定作品】
8.「情無用のジャンコ」2016年6月9日発売予定
9.「殺しが静かにやって来る」2016年6月9日発売予定
10.「暁の用心棒」2016年6月23日発売予定
11.「怒りの荒野」」2016年6月23日発売予定
※定期購読は朝日新聞出版「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」で受付中!


映画「豹/ジャガー」当ブログ2013年1月23日公開

A PROFESSIONAL GUNA PROFESSIONAL GUN
フランコ・ネロ

今回はセルジオ・コルブッチ監督1968年製作の「豹/ジャガー(A PROFESSIONAL GUN)」をピックアップする。「続・荒野の用心棒」「殺しが静かにやって来る」は、当ブログでも紹介した。本作は舞台をメキシコ革命に置き革命軍と政府軍の狭間で蠢く凄腕ガンマンの物語である。
主演はフランコ・ネロ、共演にジャック・パランス、トニー・ムサンテが熱演している。
この頃のマカロニウエスタンは後期にあたり、「ガンマン大連合(セルジオ・コルブッチ監督1970年)」もメキシコ革命を背景にしている。
ここには荒野を一人さすらうガンマンの姿はない。

A PROFESSIONAL GUNA PROFESSIONAL GUN
ジャック・パランス

【ストリー】
早射ちの殺し屋ビル・ダグラスことセルゲイ・コワルスキ(フランコ・ネロ)は、精悍なジャガーのような男だった。今度の雇い主は、メキシコ国境に銀鉱をも つ富豪アルフォンソ・ガルシア(エドゥアルド・ファヤルド)。ガルシアは、革命の気配のあるメキシコから安全な場所へ銀を移すため、護送を頼んできたの だ。ところが、殺し屋の商売仇エラム・ブリッグス(ジャック・パランス)が取引に割りこんできた。ビルが鉱山に着くと、すでにメキシコ人抗夫エウフェミオ (トニー・ムサンテ)のひきいる革命軍に占拠されていた。ガルシアは、銀をひそかに井戸にかくし、ふみこむと爆発するしかけをしていた。一方、エラムはガ ルシアの用心棒となり、革命鎮圧に参加していた。この間、ビルはまったく無関心。ゼニにならなければ何もやらないのが彼の主義だ。彼はエウフェミオから金を受けとると、革命軍のためにひと仕事した。おかげで、エウフェミオはビルに惚れこみ、あり金をはたいて参謀にやとった。
ビルの指導のもとに、革命部隊は町々を解放した。途中で、一人の美しいメキシコ娘コルンバ(ジョヴァンナ・ラッリ)が一行に加わった。ガルシアが、軍隊を 連れて討伐に来るという情報が入った。輸送列車を襲撃したりして、革命軍に資金もできた。だが、ある時、革命軍は軍隊に壊滅され、エウフェミオとコルンバ は命からがら逃げた。首に懸賞金をかけられたものの、エウフェミオはエラムを倒した。だが、エウフェミオとビルは、ついに捕えられてしまった。それを救っ たのはコルンバだ。
ガルシア一味を倒したビルは、未だ革命の理想に燃えるエウフェミオを残し去って行った。

A PROFESSIONAL GUNA PROFESSIONAL GUN

題名:A PROFESSIONAL GUN/THE MERCENARY/IL MERCENARIO
邦題:豹/ジャガー
監督:セルジオ・コルブッチ
製作:アルベルト・グリマルディ
脚本:ルチアーノ・ヴィンセンツォーニ、ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ、セルジオ・スピーナ、セルジオ・コルブッチ、アドリアーノ・ボルツォーニ
撮影:アレハンドロ・ウロア
美術:ピエロ・フィリポーネ
編集:ユージェニオ・アラビソ
音楽:エンニオ・モリコーネ、ブルーノ・ニコライ
出演:フランコ・ネロ、ジャック・パランス、トニー・ムサンテ、ジョヴァンナ・ラッリ、エドゥアルド・ファヤルド
1968年イタリア・スペイン/テクニスコープ・テクニカラー109分35mmフィルム
豹/ジャガー [DVD]