映画「キューポラのある街」

キューポラのある街
吉永小百合
キューポラのある街キューポラのある街
吉永小百合                    浜田光夫、吉永小百合

今回は浦山桐郎監督1962年製作「キューポラのある街」をピックアップする。
本作は今では見られないキューポラの煙突が風物詩だった埼玉県川口市を舞台に川口市荒川堤、南中学校庭、鋳物工場、川口銀座、川口駅前、川口オートレース場、さいたま市別所沼公園、東京都小平市日立製作所武蔵工場などで撮影したそうだ。脚本は浦山監督の師である今村昌平氏との共同執筆であり、日活の助監督だった浦山桐郎氏の監督昇格デビュー作だ。ドラマの背景にある在日朝鮮人の北朝鮮への帰国事業は、当時の朝日新聞・毎日新聞・読売新聞・産経新聞等のマスコミが率先し報道をして北朝鮮と朝鮮総連による”地上の楽園”と言う大嘘を多くの人に信じ込ませた事実があり、この”地上の楽園”に夢を求めて北朝鮮に渡った人々は、1984年までに約93,000人(日本人妻は約1,800人)になると言われている。今でこそ明らかな事実を踏まえると、本作のテーマはさらに深刻なものになる内容がとても皮肉だ。1960年代、その頃の日本を知るには外せない作品だと思う。

キューポラのある街キューポラのある街
加藤武、吉永小百合、鈴木光子          東野栄治郎、杉山徳子

【ストリー】
鋳物の町として有名な埼玉県川口市。銑鉄溶解炉キューポラやこしきが林立するこの町は、昔から鉄と火と汗に汚れた鋳物職人の町である。石黒辰五郎(東野栄治郎)も、昔怪我をした足をひきずりながらも、職人気質一途にこしきを守って来た炭たきである。この辰五郎のつとめている松永工場には五、六人の職工しかおらず、それも今年二十歳の塚本克巳(浜田光夫)を除いては中老の職工ばかり、それだけにこの工場が丸三という大工場に買収され、そのためクビになった辰五郎ほかの職工は翌日から路頭に迷うより仕方なかった。辰五郎の家は妻トミ(杉山徳子)、長女ジュン(吉永小百合)、長男タカユキ(市川好郎)、次男テツハル(岩城亨)の五人家族。路地裏の長屋に住んでいた。辰五郎がクビになった夜、トミはとある小病院の一室で男児を生んだが辰五郎はやけ酒を飲み歩いて病院へは顔も出さなかった。その後、退職の涙金も出ず辰五郎の家は苦しくなった。そしてささいなことでタカユキが家をとびだすような大さわぎがおこった。タカユキはサンキチ(森坂秀樹)のところへ逃げ込んだ。サンキチの父親(浜村純)が朝鮮人だというので辰五郎はタカユキがサンキチとつきあうのを喜ばなかった。そのうえ克巳が辰五郎の退職金のことでかけあって来ると、「職人がアカの世話になっちゃあ」といって皆を唖然とさせた。しかしタカユキが鳩のヒナのことで開田組のチンピラにインネンをつけられたことを知ったジュンは、敢然とチンピラの本拠へ乗り込んでタカユキを救った。貧しいながらこの姉弟の心のなかには暖かしい未来の灯があかあかとともっていた。やっとジュンの親友ノブコ(日吉順子)の父の会社に仕事がみつかった辰五郎も、新しい技術についてゆけずやめてしまいジュンを悲しませた。街をさまよったジュンは、トミが町角の飲み屋で男たちと嬌声をあげるのを見てしまった。不良の級友リス(青木加代子)にバーにつれていかれ睡眠薬をのまされてしまったジュンは、危機一髪のところで克巳が誘導した刑事(河上信夫)に助けられた。学校に行かなくなったジュンを野田先生(加藤武)の温情がつれもどした。やがて石黒家にも春がめぐって来た。克巳の会社が大拡張され、克巳の世話で辰五郎もその工場に行くこととなった。ジュンも昼間働きながら夜間高校に行くようになった。克巳もこの一家の喜びがわがことのように思えてならなかった。石黒家は久し振りの笑い声でいっぱいだった。

キューポラのある街キューポラのある街
吉行和子、吉永小百合            ー浜田光夫、東野栄治郎、杉山徳子

題名:キューポラのある街
監督:浦山桐郎
企画:大塚和
原作:早船ちよ
脚本:今村昌平、浦山桐郎
撮影:姫田真佐久
照明:岩木保夫
録音:古山恒夫
美術:中村公彦
特技:金田啓治
記録:小林圭子
編集:丹治睦夫
音楽:黛敏郎
製作主任:山野井政則
助監督:大木崇史
スチール:井本俊康
出演:吉永小百合、浜田光夫、市川好郎、東野栄治郎、杉山徳子、加藤武、鈴木光子、北林谷栄、吉行和子、殿山泰司、小沢昭一、菅井きん、浜村純、下元勉、小林昭二、森坂秀樹、岩城亨、日吉順子、河上信夫、青木加代子、岡田可愛
1962年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ100分35mmフィルム
キューポラのある街-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

キューポラのある街キューポラのある街
市川好郎、吉永小百合

キューポラのある街