映画「緋牡丹博徒 一宿一飯」



藤純子                      鶴田浩二、藤純子

今回は鈴木則文監督1968年製作「緋牡丹博徒 一宿一飯」をピックアップする。
本作は、藤純子さん主演の緋牡丹博徒シリーズ全8作の第2作である。豪華な共演陣(鶴田浩二、菅原文太)の中で、お竜さん(藤純子)が綺麗で、ドスを振るう姿にシビれる。


藤純子、城野ゆき                  菅原文太

【ストリー】
明治17年秋。上州の農民たちは、高利貸倉持(遠藤辰雄)に収穫物をカタに取られ困っていた。倉持がことあるごとに農民に襲われるという事態が起り、戸ヶ崎組が乗り出して農民をなだめる一方、戸ヶ崎(水島道太郎)の舎弟分笠松一家が事態収拾にあたった。そんな時、笠松(天津敏)の賭場では、艶気をふりまき、背中に弁天の刺青を入れたおれん(白木マリ)が、胴元を危うくするほどつきまくっていた。そこで笠松は戸ヶ崎の客分緋牡丹のお竜(藤純子)に応援を頼んだ。お竜は見事な手並みでおれんに勝った。一方、笠松はひそかに倉持と結託、上州一帯の生糸の総元締会社設立を図っていた。この計画を察知した戸ヶ崎は、農民に犠牲を強いる笠松のやり方に怒り、笠松一家に殴り込んだ。その時は、お竜は戸ヶ崎のはからいで四国の熊虎一家を訪ねていた。戸ヶ崎が殴り込んだことをお竜はそこで聞いたが、戸ヶ碕一家は笠松一家によって全滅したのだった。お竜は急ぎ上州に戻ったが、そこはもう日の出の勢いの笠松一家の勢力圏になっていたのだ。後日のことを考慮した戸ヶ崎によって彼の娘まち(城野ゆき)と結婚して戸ヶ崎組の跡目を継いだ勇吉(村井国夫)は血気にはやって殴り込んだが、逆に私刑を受ける有様だった。お竜はそんな勇吉を何かと助けていたが、関八州の親分の一人宮内(藤岡重慶)がその後楯となってくれた。一方笠松は邪魔なお竜を消そうとして襲ったが、一匹狼の風間周太郎(鶴田浩二に阻まれた。しかし、笠松にはもう一つ企みがあった。戸ヶ崎組の経営する郵便馬車の権利を手に入れることだった。笠松はまちを脅し、ついにその権利書を手に入れたのだ。憤怒に燃えた勇吉は、笠松組と争いなぶり殺したあってしまった。ここに至っては、お竜も決心せざるを得なかった。周太郎とともに勇吉の葬合戦とばかり、笠松組に欧り込み、笠松を倒したのだった。


白木マリ                   玉川良一、山城新伍、藤純子

題名:緋牡丹博徒 一宿一飯
監督:鈴木則文
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
脚本:野上龍雄、鈴木則文
撮影:古谷伸
照明:増田悦章
録音:溝口正義
美術:石原昭
装置:米沢勝
装飾:松原邦四郎
美粧:鳥居精一
結髪:妹尾茂子
衣装:松田孝
技斗:谷明憲
舞台振付:藤間勘真次
編集:堀池幸三
記録:国定淑子
音楽:渡辺岳夫
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:渡辺操
助監督:本田達男
スチール:藤本武
出演:出演:藤純子(富司純子)、鶴田浩二、若山富三郎、菅原文太、城野ゆき、侍田京介、村井国夫、白木マリ、山城新伍、西村晃、玉川良一、藤岡重慶、遠藤辰雄、天津敏、水島道太郎
1968年日本・東映/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
緋牡丹博徒 一宿一飯 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤純子                     鶴田浩二、藤純子