映画「キラー・キッド」


ルイーザ・パラット、アンソニー・ステファン

アンソニー・ステファン               ルイーザ・パラット

今回はレオポルド・サヴォーナ監督1967年製作「キラー・キッド(KILLER KID)」をピックアップする。
主演は「皆殺しのガンファイター」「荒野の棺桶」「嵐を呼ぶプロ・ファイター」のアンソニー・ステファン、マカロニウエスタンの名物俳優フェルナンド・サンチョ、「荒野のお尋ね者」「殺して祈れ」の美人女優ルイーザ・パラットが出演している。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 27号 2017年 4/23号 [分冊百科]

名作オペラで俳優デビューしたレオポルド・サヴォーナ監督
本作のレオポルド・サヴォーナ監督は、1922年にイタリア・ラツィオ州のレノーラに生まれ、1948年にアメリカの単発テレビドラマ・シリーズ「スタジオ・ワン」で放送された「霊媒」で俳優デビューを果たした。イタリア出身のオペラ作曲家のジャン・カルロ・メノッテイが書き下ろした同作でサヴォーナ(レオ・コールマン名義)が演じたのは、主人公フローラ夫人に育てられる口がきけない孤児「トピー」という重要な役どころ。彼の熱演もあって大好評を博した「霊媒」は、1951年にメノッティ脚本・監督によって映画化され、サヴォーナは同じ役を任される。この間の1979年「にがい米(1948年)」などで知られる同郷のジュゼッペ・デ・サンティス監督のアシスタントとなったサヴォーナは、振付師、脚本家としての経験を積みながら、マルチェロ・マストロヤンニ主演のコメディ・ロマンス映画「恋愛時代(1954年)」をサンティスと共同監督。単独での監督処女作”Iiprincipc dalla maschers rossa(1955年)”、ジャック・バランス主演の「戦闘(1962年)」などを経て、リチャード。ハリソン主演の「必殺のプロガンマン(1967年)」で初めてマカロニ・ウエスタンを手掛けた。
「キラー・キッド」は「皆殺しのガンファイター(1970年)」と並ぶ、アンソニー・ステファンの代表作と称されている。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


フェルナンド・サンチョ            ハワード・ネルソン・ルビアン

【ストリー】
メキシコ国境ほど近いアメリカの刑務所から一人の男が脱走します。彼の名はキラー・キッド(アンソニー・ステファン)。名うての殺し屋です。メキシコに逃げ込んだ彼は、革命家エル・サント(ハワード・ネルソン・ルビアン)の部下であるビラール(フェルナンド・サンチョ)と武器の密輸屋が小競り合いをしている場面に遭遇します。ビラールの部下であるパブロを助けたキッドは、彼の案内でエル・サントが隠れ住んでいるアジトに辿り着きます。エル・サントの信用を得、彼と行動を共にすることにするキッド。エル・サントの信用厚い女性メルセデス(ルイーザ・パラット)とも親しくなっていきます。
しかし、キッドには隠された目的がありました。彼の正体はアメリカ軍将校モリソン大尉。実は武器の密輸組織を潰し、密輸された武器を爆破するのが彼の役目だったのでした。ある夜更け、革命軍の武器を積んだ車が崖から落下。せっかくの武器は爆発・炎上してしまいます。実はモリソンの仕業だったのですが、あくまで彼を信頼するエル・サントと彼を疑うビラールの対立は決定的となります。革命軍を離れるモリソンでしたが、その隙にビラールがエル・サントを襲い軟禁、革命軍の実権を奪います。メルセデスからその知らせを受けたモリソンはビラールからエル・サントを解放。エル・サント、モリソン、ビラール、それぞれの思惑を胸に、大量の武器の横流し取引現場へと彼らは向かうのでした……。


アンソニー・ステファン              ルイーザ・パラット

題名:KILLER KID
邦題:キラー・キッド
監督:レオポルド・サヴォーナ
製作:セルジオ・ガローネ
脚本:レオポルド・サヴォーナ、セルジオ・ガローネ
撮影:サンドロ・マンコーリ
音楽:ベルト・ピサーノ
出演:アンソニー・ステファン、ルイーザ・パラット(リズ・バレット)、フェルナンド・サンチョ、ヨルゴ・ポヤジス、トム・フェレギー、ハワード・ネルソン・ルビアン、ジョヴァンニ・チアンフリグリア(ケン・ウッド)
1967年イタリア/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム [日本劇場未公開]
キラー・キッド -DVD-
2017年4月現在、DVDレンタルはありません。


キラー・キッド(KILLER KID)

「キラー・キッド(KILLER KID)」ルイーザ・パラット

キラー・キッド(KILLER KID)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。