映画「俺はサルタナ 銃と棺桶の交換」


ジョージ・ヒルトン                                       チャールズ・サウスウッド

今回はアンソニー・アスコット(本名:ジュリアーノ・カルニメーオ)監督1970年製作「俺はサルタナ 銃と棺桶の交換(C’E SARTANA,VENDI LE PISOTLA COMPARI LA BARA!)」をピックアップする。「砂塵に血を吐け」での初登場以降、ジャンニ・カルゴが4作にわたって演じてきた”サルタナ”役に「真昼の用心棒」のジョージ・ヒルトンが初めて挑んだ。「荒野の無頼漢」でもヒルトンと共演したチャールズ・サウスウッドが、もう一人のヒーロー”サバタ”役で登場する。

※サルタナ・シリーズ 主演:ジャンニ・カルゴ
1968年「Se incontri Sartana prega per la tua morte.[サルタナに出会ったら奴はお前の死を祈る]」
1969年「Sono Sartana,il vostro becchino.[俺はサルタナお前の葬式を執り行う]
1970年「Buon funcrale amigos!..paga Sartana.[良い葬式をアミーゴ葬式代はサルタナが支払う]」
1970年「Una Nuvola di polvere… un grido di mo.[邦題:サルタナがやって来る 虐殺の一匹狼]」

※サバタ・シリーズ
1970年「西部悪人伝(SABATA)」主演:リー・ヴァン・クリーフ
1971年「大西部無頼列伝(ADIOS,SABATA/SABATA2/INDIO BLACK)」主演:ユル・ブリンナー
1972年「西部決闘史(RETURN OF SABATA)」主演:リー・ヴァン・クリーフ

サバタが使用するM1866″イエローボーイ”
本作は、ジャンニ・カルゴが「砂塵に血を吐け」で演じ、その後、4本のキャラクター”サバタ”も登場する異色作である。最も、リー・ヴァン・クリーフが「西部悪人伝」で演じた黒ずくめの元祖サバタとは違い、本作でチャールズ・サウスウッドが演じるサバタは、正反対の白いスーツ姿だ。使用銃は、元祖サバタと同じM1866だが、本作では近接戦闘用に銃身・銃床を切り詰めた”メアズ・レッグ”([雌ロバの足]の意味。反動が凄まじく、蹴とばされている様だったため)となっている。ちなみに、マカロニ・ウエスタンに最も多く登場するライフルであるM1866は、西部開拓時代、真鍮フレームが黄色っぽく見える事から、先住民により”イエローボーイ”と呼ばれた。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


ネロ・バッツァフィーニ                                            ピエロ・ルリ

【ストリー】
賞金稼ぎのサルタナ(ジョージ・ヒルトン)は、マンタス(ネロ・バッツァフィーニ)率いる盗賊団が金を積んだ馬車を襲撃するものの、金を盗まずに去って行くところを目撃。
馬車を護衛していた賞金首の死体を保安官事務所に運び、5,000ドルを得たサルタナは、盗賊団が牛耳る町へ向かう。酒場に入り、「金」と「マンタス」という言葉を口にしたサルタナは、そこにいた男に「首を突っ込むと酷い目に遭うぞ」と脅されるが、難なく撃退する………….。

題名:C’E SARTANA,VENDI LE PISOTLA COMPARI LA BARA!
邦題:俺はサルタナ 銃と棺桶の交換
監督:アンソニー・アスコット(ジュリアーノ・カルニメーオ)
製作:セルジオ・ポレッリ
脚本:ティト・カルビ
撮影:ステルヴィオ・マッシ
音楽:フランチェスコ・デ・マージ
出演:ジョージ・ヒルトン、チャールズ・サウスウッド、ピエロ・ルリ、エリカ・ブラン、ネロ・バッツァフィーニ、カルロ・ガッティ、アルド・バルベリート、リンダ・シニ、フェデリコ・ボイド(リック・ボイド)、ルチアーノ・ロッシ
1970年イタリア/テクニスコープ・テクニカラー88分35mmフィルム [日本劇場未公開]
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 33号 2017年 7/16号 [分冊百科]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


エリカ・ブラン
俺はサルタナ 銃と棺桶の交換(C’E SARTANA,VENDI LE PISOTLA COMPARI LA BARA!)

俺はサルタナ 銃と棺桶の交換(C’E SARTANA,VENDI LE PISOTLA COMPARI LA BARA!)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。