映画「あゝひめゆりの塔」


吉永小百合                    吉永小百合、浜田光夫

今回は舛田利雄監督1968年製作「あゝひめゆりの塔」をピックアップする。
本作は太平洋戦争末期の沖縄を舞台に、吉永小百合さんと浜田光夫さんの黄金コンビで“ 特志看護婦 ”として戦火に散華した “ ひめゆり部隊 ”の悲劇を描いたものだ。沖縄県ひめゆりの塔(姫百合橋・那覇港)、南風原町南風原街道で実景撮影を行い、戦闘シーンは、静岡県御殿場市、下田市、三島市などで行ったそうだ。


和泉雅子

【ストリー】
昭和18年、太平洋戦争の戦局は、米軍の反攻によって日本には不利に展開していた。沖縄ではまだ、戦争感は薄かった。沖縄師範女子部の和子(吉永小百合)は級友のトミ(和泉雅子)らと運動会を楽しんでいた。和子が師範男子部の順一郎(浜田光夫)と知りあったのはその頃だった。昭和19年になると戦局は悪化、米軍の物量作戦の前に沖縄も戦場になろうとしていた。和子ら学生は、一日の半分を陣地構築に従事する毎日がつづいた。やがてサイパン島が玉砕。学童は内地に疎開が決ったが和子の母は、その船に乗ったものの、潜水艦に撃沈されてしまった。和子は弟の武と二人きりになってしまった。グラマン機が那覇市を襲ったのは10月。師範学校の校舎も焼け、空襲は連日のようにつづいた。島には非常戦時体制がしかれ、女子学生は臨時看護婦として、男子学生は鉄血勤皇隊となって陸軍と行動を共にすることになった。昭和20年。和子たちは米軍上陸の直前、証書も賞状もないさびしい卒業式を行なった。間もなく米軍が無血上陸してから激戦が続き、負傷兵も増えたが、満足に手当てもされずに死んでいった。米軍は日ましに島を制圧していった。病院は南に移動することになったが、歩けない患者には自決が求められる有様だった。そんな中で和子の級友光子(浜川智子)は死に、勝江(笹森みち子)はあまりにも悲惨な状況の中で発狂した。またトミは下半身にグラマンの射撃を浴びて重傷を負い、自ら青酸を飲んだのだ。その頃、順一郎は伝令として銃火の中を走り回っていた。彼は、和子の弟武が壮烈な最期を遂げるのを目撃したが、それを和子に告げることはできなかった。和子たちが新しい病院にしたのは真壁の大洞穴である。しかしもう医薬品もなく、重傷患者は次々と死んでいった。そんな時、校長が死んだ。そして、その遺体を収容しようとした和子たちをかばって、順一郎は敵の機銃掃射で死んだ。もはや和子たらは最後の時が近いのを知った。生き残った和子たち九人の女子学生と、昭喜名先生(二谷英明)たちは円陣をつくり、思い出の歌「想思樹の歌」を歌うのだった。彼女たちの手には自決用の黒い手榴弾がにぎられていた。

題名:あゝひめゆりの塔
監督:舛田利雄
企画:高木雅行、八木保太郎
脚本:若井基成、石森史郎
撮影:横山実
照明:藤林甲
録音:沼倉範夫
美術:木村威夫
編集:井上親弥
音楽:真鍋理一郎
現像:東洋現像所
製作主任:戸倉寿
助監督:遠藤三郎、村川透
スチール:井本俊康
出演:吉永小百合、浜田光夫、和泉雅子、二谷英明、小高雄二、藤竜也、和田浩治、乙羽信子、音無美紀子、渡哲也、太田雅子(梶芽衣子)、東野英治郎、高品格、笹森みち子、浜川智子
1968年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ125分35mmフィルム
あゝひめゆりの塔 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


あゝひめゆりの塔