映画「ジャンゴ・ザ・バスタード」


アンソニー・ステファン              バオロ・コズリー

今回はセルジオ・ガローネ監督1969年製作「ジャンゴ・ザ・バスタード(DJANGO IL BASTARDO)」をピックアップする。
主演は「地獄から来たプロガンマン」「荒野の棺桶」のアンソニー・ステファン、「皆殺しのジャンゴ」のルチアーノ・ロッシー、「続・夕陽のガンマン」「さすらいの一匹狼」のイタリア人女優ラーダ・モシモフが脇を固めている。

イーストウッドにパクられた!?「ジャンゴ・ザ・バスタード」
本作でアンソニー・ステファンが演じたジャンゴは、全身黒ずくめの神出鬼没なガンマンである。死んだと思われていた男が復讐に現れた。そのガンマンは幽霊なのではないか……というプロットが似ている事から、クリント・イーストウッド主演の「荒野のストレンジャー(1972年)」、さらにそのセルフ・リメイクとも言われる「ペイルライダー(1985年)」の元ネタなのではないかと噂されている。アンソニー・ステファンと共同で原案・脚本も手掛けたセルジオ・ガローネ監督は「主人公ジャンゴは超自然的な者として描いた」と述べているのに対して、クリント・イーストウッド監督は「主人公ストレンジャーに超自然的な要素は入れるつもりはなかった」とコメント。真相は定かではないが、「荒野のストレンジャー」は、1973年9月にイタリアで公開された際、幽霊を思わせる様なシーンはカットされ、アメリカ版では明らかにされてないストレンジャーの正体を、イタリア語吹き替え版では、「死んだ保安官の兄弟」と明確にする設定に変更されたという。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)


ラーダ・モシモフ                                          ルチアーノ・ロッシー

【ストリー】
全身黒ずくめの男、ジャンゴ(アンソニー・ステファン)が町に現れ、地面に十字架を突き刺した。その墓標には「サム・ホーキンス11月13日没」と、今日の日付が書かれていた。それを見たホーキンス(ヴィクトリアーノ・ガザーラ)は仲間を引き連れてジャンゴの前に立ちはだかるが、ジャンゴは目にも留まらぬ早撃ちでホーキンスらを撃破する。さらに、ジャンゴは「ロス・ハワード」の名を刻む十字架をオーダー。そしてある夜、ハワード(ジャン・ルイス)の前に現れたジャンゴは、命乞いをする彼を容赦なく撃ち殺すのだった…….。

題名:DJANGO IL BASTARDO
邦題:ジャンゴ・ザ・バスタード
監督:セルジオ・ガローネ
製作:ピノ・マルチーノ
脚本:セルジオ・ガローネ、アンソニー・ステファン(アントニオ・デ・テッフェ)
撮影:ジーノ・サンティーニ
音楽:ヴァシリ・コジュチャロフ(ヴァスコ)、エンシオ・ノンキューソ
出演:アンソニー・ステファン、ルチアーノ・ロッシー(ルー・カマンテ)、ラーダ・モシモフ、バオロ・コズリーノ、テオドーロ・コッラ、カルロ・ガッテイ、ジャン・ルイス、ヴィクトリアーノ・ガザーラ、トーマス・ルディ
1969年イタリア/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム [日本劇場未公開]
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 39号 2017年 10/8号 [分冊百科]
2017年8月現在、DVDレンタルはありません。


アンソニー・ステファン         アンソニー・ステファン、バオロ・コズリー
ジャンゴ・ザ・バスタード(DJANGO IL BASTARDO)


※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
ジャンゴ・ザ・バスタード(DJANGO IL BASTARDO)