映画「網走番外地 南国の対決」


「網走番外地 南国の対決」高倉健

高倉健                        吉田輝雄

今回は石井輝男監督1966年製作「網走番外地 南国の対決」をピックアップする。
本作は網走番外地シリーズ第6作である。今回は網走刑務所を出所した橘真一(高倉健)が、先代組長の事故死に疑問を抱いて沖縄へ行き復讐するという内容だが、アメリカの占領統治下にあった沖縄が舞台で、製作当時はパスポートが必要、通貨単位はドル、自動車は右側通行などの背景が映し出されており、米軍のトラックやバスが絶え間なく走っていた。これらのシーンは貴重である。ロケ地は、那覇港、国際通り、泊港、名護湾、コザなど。

※沖縄がアメリカから日本に返還されたのは1972年。


田中邦衛、高倉健、大原麗子         田中邦衛、高倉健、千葉真一、由利徹

【ストリー】
竜神一家のために命を張って、網走刑務所に送り込まれた橘真一(高倉健)は、出所の日に先代親分が沖縄で事故死したことを知った。何か裏がありそうだ、そう考えた橘は直ちに沖縄へ向った。その途中の船で、橘は母を探して沖縄へ渡る一郎少年(町田政則)と、南(吉田輝雄)という男と知り合った。やがて沖縄へ着いた橘は、南が豪田一家の殺し屋でありまた、竜神一家の二代目を継いだ関森(沢彰謙)が豪田(河津清三郎)と手を結んで、こともあろうに先代親分と関係の深ったギボ建設を潰そうとしていることを知った。彼らの謀みを粉砕するため、橘は先ず、豪田組にもぐり込んで親分の死の真相を探っている大槻(田中邦衛)と樫山(由利徹)に連絡をとった。一方、豪田と関森は橘の動きに身の危険を感じて、南に橘を消すよう命じた。しかし、橘の気っぷに惚れ込んだ南にその気はなかった。そして二人は馴れあいの決闘をやって海に身を投げたのだが、それを見ていた豪田はまんまと騙されてしまった。やがて、橘は船員の佐竹(谷隼人)が親分の死の真相を握っていることを知ったが、佐竹は恋人の夏子(大原麗子)と共に豪田に捕えられていた。そんな時に網走から遥々駈けつけた鬼寅(嵐寛寿郎)が、南と共に佐竹を救い出した。しかし、南は関森に殺されてしまった。佐竹は、竜神親分が工事現場で、関森と豪田一味に殺されたことを話した。また、大槻と樫山の報告からその確信を得た橘は単身豪田一家に乗り込んだ。愛用の白柄のドスを握った橘を見て、豪田の手下は誰一人手向おうともしなかった。一瞬のうちに豪田と関森を斬った橘は、再び網走に送られることは知っていたが、明るい気持ちだった。橘のお蔭で母(三原葉子)を探し出した一郎や鬼寅に見送られて、親分の仇を討った橘は晴々とした顔で船に乗り込むのだった。


嵐寛寿郎、大原麗子、谷隼人           三原葉子、町田政則

題名:網走番外地 南国の対決
監督:石井輝男
企画:植木照男
原案:伊藤一
脚本:石井輝男
撮影:稲田喜一
照明:大野忠三郎
録音:井上賢三
美術:藤田博
編集:鈴木寛
音楽:八木正生
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学工業
製作主任:白浜汎城
助監督:野田幸男
スチール:遠藤努
出演:高倉健、吉田輝雄、嵐寛寿郎、田中邦衛、千葉真一、由利徹、谷隼人、大原麗子、河津清三郎、三原葉子、二本柳寛、潮健児、沢彰謙、町田政則
1966年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
網走番外地 南国の対決 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


二本柳寛、三原葉子、町田政則         嵐寛寿郎、高倉健、千葉真一

「網走番外地 南国の対決」大原麗子