映画「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」


ルーシー・リュー、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア

今回はマックG監督2003年製作「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル(CHARLIE’S ANGELS FULL THROTTLE)」をピックアップする。第二作になる”チャーリーズ・エンジェル“は前作に比べてパロディが多く、製作費が膨大なのに比べ安直な仕上がりを見せている。2004年の第24回ゴールデンラズベリー賞にて最低続編賞を受賞した。


ルーシー・リュー、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア

デミ・ムーア

【ストリー】
3人のエンジェル、ナタリー(キャメロン・ディアス)、ディラン(ドリュー・バリモア)、アレックス(ルーシー・リュー)は、拉致された米警察機構の要人カーター(ロバート・パトリック)を救出。だが犯人の本当の狙いは、米国政府が匿っている対組織犯罪の最重要証人リスト。カーターは、そのトップ・シークレットにアクセスするキーアイテムの指輪を奪われていたのだ。捜査を進めるエンジェルたちは、復讐のターゲットとなっている証人たちの写真を入手。ところがそこには、8年前に恋人シーマス(ジャスティン・セロウ)が犯した殺人を証言したディランの顔もあった。エンジェルたちは指輪を奪還するが、それが偽物であると気づき、影の巨大な敵がいると睨む。その敵とは、元エンジェルで、チャーリーへの復讐を企むマディソン(デミ・ムーア)だった。エンジェルたちは力を合わせて指輪を彼女から奪い返し、マディソンは火の中へと転落していくのだった。


チャーリーズ・エンジェル フルスロットル(CHARLIE’S ANGELS FULL THROTTLE)

題名:CHARLIE’S ANGELS FULL THROTTLE
邦題:チャーリーズ・エンジェル フルスロットル
監督:マックG
脚本:ジョン・オーガスト、サイモン・キンバーグ、コーマック・ウィバリー、マリアンヌ・ウィバーリー
エグゼクティブ・プロデューサー:パトリック・クロウリー、ベティ・トーマス、ジェンノ・トッピング
製作:ドリュー・バリモア、レオナード・ゴールドバーグ、ナンシー・ジュヴォネン
撮影:ラッセル・カーペンター
美術:J・マイケル・リヴァ
衣裳:ジョゼフ・ジー・オーリシ
編集:ウェイン・ワールマン
音楽:ピンク、エド・シェアマー
撮影機材:パナビジョン
フィルム:イーストマン・コダック
現像:デラックスカラー
出演:キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リュー、デミ・ムーア、バーニー・マック、ジャスティン・セロウ、ロバート・パトリック
2003年アメリカ/シネスコサイズ・カラー106分35mmフィルム
チャーリーズ・エンジェル フルスロットル -DVD-


ルーシー・リュー、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル(CHARLIE’S ANGELS FULL THROTTLE)