映画「怪竜大決戦」


怪竜大決戦

松方弘樹                      小川知子

今回は山内鉄也監督1966年製作「怪竜大決戦」をピックアップする。
当時、東宝のゴジラや大映のガメラ、日活がガッパ、松竹がギララという怪獣を登場させていた。本作は東映が唯一製作した“怪獣が登場する映画”であり、撮影は東映京都撮影所で行われ時代劇の重鎮が顔を揃えている。


大友柳太朗                     天津敏

【ストリー】
家老結城大乗の謀によって殺された近江の城主、尾形左馬亮の若君雷丸(松方弘樹)は、飛騨の国に逃げた。そこで雷丸は仙人、がま道人(金子信雄)から忍術を仕込まれ青年になったが、がま道人は昔の悪弟子、大蛇丸(大友柳太朗)に殺害された。その大蛇丸が父をも殺したことを知り、雷丸は自雷也と名乗り仇討ちのため近江に旅発った。途中、幼い時に別れた父を探し近江に向う綱手(小川知子)という少女に出会った。少女綱手も、父を探して自雷也の後を追った。大蛇丸から自雷也のことを聞いた結城大乗(天津敏)は、忍者を配し警戒網を張った。自雷也は百姓、善兵衛(原健策)の娘お咲(鈴村由美)の婿に化け市中潜入に成功したが、大蛇丸は善兵衛を殺した上にお咲までさらって逃げた。一方綱手も一度は、大蛇丸の配下の忍者に襲われるが、やはり忍者の一人の百々兵衛(千葉敏男)に救われ、無事に近江に入った。時あたかも、尾形家再興に現われた自雷也の噂でもちきりで、この混乱に乗じ大蛇丸は大乗を失脚させ、さらに自雷丸を倒し城主におさまろうという腹だった。百々兵衛のおかげで自雷也に再会できた綱手も、その百々兵衛から大蛇丸こそ探していた父だと聞かされ、連れていかれた。綱手は父大蛇丸より自雷也毒殺を命じられた。綱手から薬を飲まされた自雷也は大蛇丸の思うツボ、昏々と眠り続けた。すでに自雷也が死んだものと早合点した大乗が、酒宴を催している只中に躍り出た自雷也は、一気に大乗を倒し、さらにその裏切りを怒った大蛇丸は百々兵衛を殺し、それから自雷也の“がまの妖術”と大蛇丸の“昇竜の術”の決戦となったが、この大格闘に城は破壊された。自雷也があわや!と思われた時、綱手が蜘蛛婆(原泉)からもらったかんざしを大蛇丸に投げつけると、大蜘蛛が現われ、すさまじい落雷とともに、すべての妖術が解け、自雷也は大蛇丸を一刀のもとに斬り倒してしまった。無事仇討ちを果たした自雷也と綱手は大鷲に乗り、お咲姉弟と別れて元気に飛騨の国へと飛立った。


小川知子

大友柳太朗                                                   松方弘樹、大友柳太朗

題名:怪竜大決戦
監督:山内鉄也
企画:岡田茂、新海竹介
脚本:伊上勝
撮影:わし尾元也
特撮:赤塚滋
照明:長谷川武夫
録音:荒川輝彦
美術:矢田精治
装置:米沢勝
装飾:山田久司
造型:エキスプロダクション
美粧:堤野正直
結髪:橋本明子
衣装:三上剛
技斗:上野隆三
記録:矢部はつ子
編集:神田忠男
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学 合成:松木春吉
音楽:津島利章
製作主任:並河正夫
助監督:牧口雄二
スチール:中山健司
出演:松方弘樹、小川知子、大友柳太朗、鈴村由美、金子信雄、原健策、千葉敏男、林真一郎、天津敏、原泉、岡田千代、福本清三
1966年日本・東映/シネスコサイズ・カラー85分35mmフィルム
怪竜大決戦 -DVD-
怪竜大決戦[DMMレンタル]


鈴村由美、岩村隆男、小川知子、松方弘樹