映画「荒野のみな殺し」


ジャック・スチュアート                ダン・ヴァディス

今回はジョセフ・ウォーレン(本名:ジョゼッペ・ヴァリ)監督1966年製作「荒野のみな殺し(DEGUEJO)」をピックアップする。本作の主役ノーマンを演じたジャック・スチュアートは、1950年代から、主にジャコモ・ロッシ=スチュアートの名義で数々のイタリア映画に出演。1974年には、マウロ・ポローニ監督、カトリーヌ・ドヌーヴ主演の文芸大作「哀しみの侯爵夫人(マウロ・ボロニーニ監督/1974年)」で、元モデルの妻ロレッタ、当時5歳の息子キムとのファミリー共演を果たした。
1969年に生まれた一人息子のキムは、14歳で学校を中退して演劇の勉強を始め、1984年ら放送されたテレビシリーズ「I ragazzi della valle misteriosa」の主役として俳優活動を開始、「カラテキッド(1987年)」「カラテキッド/激闘編(1989年)」などに主演し、その端正なルックスからアイドル的な人気を博した。以降、巨匠ミケランジェロ・アントニオーニ監督の「愛のめぐりあい(1995年)」、ロペルト・ベニーニ監督・主演の「ピノキオ(2002年)」などに登場したキムは2004年、ジャンニ・アメリオ監督の「家の鍵」に主演。障害を抱えた息子と15年にぶりに再会した父親役を好演し、演技派としての評価も得ている。また1978年生まれのジャックの娘(キムの妹)ヴァレンティナは、スタントもこなす女優として活躍。その妹ロレッタも女優業のほか、通販番組の司会者としても知られている。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノート「芸能一家!スチュアート・ファミリー」より)


ダナ・ギア                 ダナ・ギア、リカルド・ガローネ

【ストリー】
メキシコに近いアメリカ西部の小さな農場に、かつて南軍の将校だったデイビット老人が、息子のノーマン(ジャック・スチュアート)と暮していた。ある日農場へ老人の旧友サムが重傷を負って転がり込み、「クック大佐を助けに行け!」と言ってこと切れた。
そこへサムを追ってきたらしい覆面の二人の男が、デイビット老人を連れ去ろうとした。老人が抵抗して殺されたのを見たノーマンは手練の早業で二人を倒した。ノーマンはクック大佐捜索のため、父の戦友フランクと南北戦争の時部隊長だったローガンに協力を頼み、レインジャー・シティへ行った。途中三人はウィスキー行商人のフォラン(リカルド・ガローネ)を助け、行動をともにした。町へ着いてみると、男たちの姿はなく、おびえきった女や子供ばかりであった。四人はジェニー(ジア・アーレン)という酒場の女主人から、メキシコ人ラモン(ダン・ヴァディス)を頭とする山賊の一団が町を襲い、男たちを人質として連れ去ったことを聞いた。クック大佐(ジョン・マクダグラス)もその一人だった。ノーマンはラモンのところから帰ってきたロージー(ロージー・ジチェイル)という女からラモンの隠れ家を教わると、一味が再び町を襲撃した隙にクック大佐を助けた。
大佐の保管しているはずの南軍の資金10万ドルを狙っていたラモンは、夜明けまでに大佐の財宝を渡さなければ町の者を皆殺しにすると通告した。翌朝の戦闘は残酷だった。
その最中、ジェニーは密かに奪った10万ドルの持ち逃げをはかったが、フォラン、実は政府から10万ドル回収のために派遣された男、に発見された。ラモンはこの二人を射った。ノーマンは壮烈な一騎打の末、父の仇ラモンを討った。


ダニエル・ヴァルガス、ジャック・スチュアート、ジョン・マクダグラス、ホセ・トーレス

題名:DEGUEJO
邦題:荒野のみな殺し
監督:ジョセフ・ウォーレン(ジョゼッペ・ヴァリ)
製作:ウィリー・レーガン(セルジオ・ガローネ)
脚本:ジョセフ・ウォーレン、ウィリー・レーガン、ロベルト・アモラソ(ラム)
撮影:ステファン・サンター
音楽:アレクサンドル・デレヴィトスキー
出演:ジャック・スチュアート、ダン・ヴァディス、ダナ・ギア、リカルド・ガローネ、ジア・アーレン、ディック・レーガン、ホセ・トーレス、ダニエル・ヴァルガス、ロリス・ロディ、ジョン・マクダグラス、ロージー・ジチェイル
1966年イタリア/ガースコープ・イーストマンカラー94分35mmフィルム
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 43号 2017年 12/3号 [分冊百科]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ジャック・スチュアート                                 ジャック・スチュアート、ロリス・ロディ

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

荒野のみな殺し(DEGUEJO)