映画「荒野のドラゴン」

荒野のドラゴン
チェン・リー(早川明心)

今回はマリオ・カイアーノ監督1973年製作「荒野のドラゴン(SHANGHAI JOE)」をピックアップした。
本作は日本人格闘家・俳優の早川明心氏が中国名チェン・リーと名乗り主演しているカンフー・マカロニウエスタンである。この主人公は銃を手にしない。空手アクションのみで銃を持った敵を西部を放浪しながら倒すという設定だ。共演に「夕陽のガンマン」「群盗荒野を裂く」のクラウス・キンスキーなど。

日本人唯一の”マカロニ・ウエスタン主演俳優” 早川明心
本作の主演を務めたチェン・リーは、早川明心という名の日本人である。1939(昭和14)年、愛知県の寺の子として生まれた明心は、幼年期より住職の父による厳しい仏教の修行を受けて育った。愛知大学に進んだ明心は、強くなりたい一心で空手部に入部。辛い練習に耐えて頭角を現し、3年生時には東海学生空手大会の個人優勝を達成。黒帯八段となった明心は、1966年、英国空手道連盟の指導員としてロンドンに渡り、英語に苦労しながらも4年間、指導員を務める事となる。当時の生徒は「文化違いに理解があり、寛大に指導してくれた。チャーミングで人生を楽しむ人だった」とコメントしている。
そして1972年、ロンドンからローマへと移動していた明心のもとに、イタリア空手道連盟経由で本作への出演依頼が届いたのである。マリオ・カイアーノ監督が「クリーニング屋で発掘してきた」と宣伝した”謎の東洋人チェン・リー”主演の本作は、予想を上回るヒットを記録。ヨーロッパ諸国で上映され、フランスでは何と、かのアラン・ドロンが上海ジョーの吹き替えを担当している。それでも明心は、渡欧の際の父との約束「寺を継いで住職になる」を守るべく、芸能界を退いて帰国したが、寺には入らず母校空手部で監督を務めていた。そして1979年、再びイギリスへ渡り、緩衝材・梱包材の生産会社を設立した明心は、約20年間かけてイギリス、ドイツ、イタリアに計5工場、従業員数250人、年商約40億円という大企業の社長となったのである。日本人で唯一、マカロニ・ウエスタンの主演を務め、実業家へと転身した明心は、2005年にこの世を去っている。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)

マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 45号 2017年 12/31号 [分冊百科]
※本稿は 2013年3月3日に公開した改定版です。


カーラ・ロマネリ                                           ピエロ・ルリ

“才女”カーラ・ロマネリの活躍
本作でクリスティーナを演じたカーラ・ロマネリは、1984年、映画監督ジョン・クラウザーとの結婚を機に女優業を引退。映画俳優組合の活動に尽力し、イタリア人俳優の海外窓口などを務めた事に加え「専門化、細分化、効率主義などの追及によって失われる人間の基本的価値やコミュニティをいかに再構築するか」を課題とするイタリア・アスペン研究所の設立に貢献する。またローマの語学学校で英語とロシア語をもう一度修得し直した彼女は、ブロードウェイで上演された演劇”Frankie and Johnny in the Clare de Lune”のイタリア語台本を執筆。夫が脚本を担当したドキュメンタリー映画をイタリア語に翻訳したほか、夫の経営するロサンゼルスの演劇学校でイタリア演劇史を、ローマの演劇学校ではロシア演劇史の講師として教鞭をとったのである。さらに近年は、画家としても活動している夫と共に、生まれ故郷であるイタリアのトスカーナとローマで民宿を経営、ツアーのアレンジも行っている。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)

荒野のドラゴン荒野のドラゴン
「荒野のドラゴン(SHANGHAI JOE)」

【ストリー】
凄腕の空手の名手ジョー(チェン・リー)は、テキサス行きの駅馬車にとび乗った。眼の前に開ける広大な西部の景観はジョーの心を踊らせたが、黄色い肌ゆえ に白人たちの風当りは凄まじかった。巨大な岩と砂塵、吹き荒ぶ原野をさすらうジョーが出あったのは、この地方一帯に君臨する悪徳ボス、スペンサー(ロバー ト・ハンダー)だった。一味は二十人あまりのメキシコ人を金で買い、殺しの標的にするゲームをやり始めたのだ。怒りにかられたジョーは彼らに素手で襲いか かり追い払った。ほとんど皆殺しにされていたが運よく一人の老人だけが助かった。医者を呼びにいったジョーはその帰り、スペンサーの手下に狙撃され、捕わ れの身となった。だが持前の空手技で難局を切り抜けた。スペンサーに命を狙われながら一人西部を行くジョーは一軒の廃屋に辿りついた。そこに若く美しいメ キシコ娘(カーラ・ロマネリ)が危険を告げにやってきた。娘はクリスチーナといい、ジョーが助けた老人の一人娘だった。その夜、廃屋で夜を過ごしていた ジョーとクリスチーナはスペンサーにやとわれた殺し屋に襲われたがジョーの神技ともいうべき闘術で見事倒した。さらに数日後、クリスチーナが高熱を出し、 ジョーは医者を求めて街へ出たが、ここでもスペンサー一味に命をつけ狙われた。酒場におびき寄せられたジョーは銃弾の雨を浴びたが、見事な跳躍で左右に身 をかわし、並いるガンマンたちを次々に倒した。ジョーがようやくクリスチーナのもとに帰ると、また新たな敵が待ち構えていた。数本の鋭い大型ナイフを持 ち、人を殺してはその頭髪を剥ぐという変質的な兇悪犯であるこの男はジョーの両足を射ち抜き、クリスチーナの美しい髪を切ろうとしたが、ジョーは強力な両 腕の技でこの変質漢を地獄に送り込んだ。野宿を重ねながらジョーとクリスチーナはメキシコへの旅を続けていた。一方、街ではスペンサーが新たな殺し屋を雇 い入れていた。それは、ジョーと同門の空手の名手ミクリヤ(ミクリヤ・カツトシ)で、かつて二人だけが師匠から免許を許されて以来宿命のライバルだったのだ。ジョーとミクリヤは村の中央にある広場で対決、互いに一歩もゆずらぬ鋭い技でしのぎをけずった。いずれが勝つか紙一重の息ずまった闘争は果てしなく続 いたが、ついにジョーはミクリヤを倒した。

荒野のドラゴン荒野のドラゴン
クラウス・キンスキー

題名:SHANGHAI JOE
邦題:荒野のドラゴン
監督:マリオ・カイアーノ
製作:レナート・アンジョリーニ、ロベルト・ベッシ
脚本:カルロ・アルベルト・アルフェリ、マリオ カイアーノ、ファブリツィオ・トリフォーネ・トレッカ
撮影:グリエルモ・マンコーリ
音楽:ブルーノ・ニコライ
出演:チェン・リー(早川明心)、クラウス・キンスキー、ミクリヤ・カツトシ、ピエロ・ルリ、カーラ・ロマネリ、ロバート・ハンダー、ゴードン・ミッチェル、ジョージ・ワン
1972年イタリア/テクニスコープ・テクニカラー89分35mmフィルム
荒野のドラゴン [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「荒野のドラゴン(SHANGHAI JOE)」ミクリヤ・カツトシ、早川明心
※マカロニ・ウエスタンで唯一の日本人俳優同士の決闘シーン


「荒野のドラゴン(SHANGHAI JOE)」

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。