映画「アヴェ・マリアのガンマン」


レナード・マン                  ピーター・マーテル

今回はフェルディナンド・バルディ監督1969年製作「アヴェ・マリアのガンマン(IL PISTOLERO DELL’AVE MARIA)」をピックアップする。主演は「ガンマン無頼 地獄人別帖」のレナード・マン、共演は「嵐を呼ぶ男スリム(DIO LI CREA…IO LI AMMAZZO!/パオロ・ビアンチーニ監督1969年)」のピーター・マーテル、「ガンマン無頼」のホセ・スアレス、「情無用のジャンゴ」のピエロ・ルリ、女優陣は「007 サンダーボール作戦」日米合作映画「ガンマー第3号 宇宙大作戦」のルチアナ・パルッツィ、「愛のアンジェラス(ラモン・フェルナンデス監督1971年)」のピラール・ヴェラスケスが出演している。
本作は定番のスペイン・タベルナスにあるテキサス・ハリウッド'(FORT BRAVO Almeria)などのオープンセットではなく、マドリッドの南約80Kmに位置するTEMBLEQUEという歴史ある実際の町を、現代の風情を消して使ったそうだ。当時マカロニウエスタンが増産時期だった為にオープンセットが別の作品で塞がっていたのではないかと思われる。その意味で貴重な作品だ。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 49号 2018年 2/25号 [分冊百科]

※本稿は2015年8月21日に公開したものを改定したものです。

アヴェ・マリアのガンマン
アルベルト・デ・メンドーサ                        ピエロ・ルリ

【ストリー】
出生不明のセバスチャン(レナード・マン)は、鐘桜を見ると過去の失われた記憶がフラッシュバックするような気がしてならない。ある日、メキシコ人の山賊に追われたラファエル(ピーター・マルテル)が、彼のところへ助けを求めに来る。食事を与え、泊まる場所を提供するセバスチャン。そのラファエルが、彼に驚くべき事実を伝える。セバスチャンの実の母親がまだ生きていて、父親を殺した男と一緒に暮らしているというのだ。自分の出生の秘密を探るため、セバスチャンはメキシコへと旅立つ・・・。


ルチアナ・パルッツィ

ルチアナ・パルッツィは芸者になりたい?
本作のアンナ役を演じたルチアナ・パルッツィは、日本で撮影された深作欣二監督の「ガンマー第3号 宇宙大作戦(1968年)」について「深作監督は、私や通訳などのスタッフにとても良くしてくれた。準備は常に万端でスケジュールの遅れもなく、日本滞在はとても楽しめたわ」と振り返っている。ところが、パルッツィが記者会見で語った次のような言葉が、ちょっとした問題を起こしてしまったのである。「もし私が日本女性に生まれていたら、人妻になるより芸者の方がいいわ。奥さんたちは家にいなければならないし、言いたい事も満足に言えず、子供を育て、家を掃除するだけでしょう?芸者の方が人生を楽しんでるわ。政治や世界の出来事について男性と語り、一緒に笑う事が出来るんだもの」この発言の後、会場は一瞬静まり返り、記者たちはショックを隠せない表情を浮かべた。そして、翌日の新聞には「ルチアナは芸者になりたい」という記事が掲載されたのだ。家事と育児に追われてばかりの日本の専業主婦を”応援”するための言葉だったというが、美女パルッツィのラジカルな発言は、当時の日本社会には刺激が強すぎたのかもしれない。(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)


ピラール・ベラスケス
アヴェ・マリアのガンマン
ホセ・スアレス                   ルチアナ・パルッツィ

題名:IL PISTOLERO DELL’AVE MARIA
邦題:アヴェ・マリアのガンマン
監督:フェルディナンド・バルディ
製作:マノロ・ボロニーニ
脚本:ピエロ・アンキーシ、フェルディナンド・バルディ、ヴィンセンツォ・セラミ、フェデリコ・デ・ウルティア、マリオ・ディ・ナルド
撮影:マリオ・モントゥーリ
美術:エドゥアルド・トレ・デ・ラ・フエンテ
編集:エウヘニオ・アラビソ
音楽:ロベルト・プレガディオ
出演:レナード・マン、ピーター・マーテル、ルチアナ・パルッツィ、アルベルト・デ・メンドーサ、ピラール・ベラスケス、ピエロ・ルリ、ルチアーノ・ロッシ、ホセ・スアレス
1969年イタリア/ビスタサイズ・カラー80分35mmフィルム [日本劇場未公開]
アヴェ・マリアのガンマン [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


アヴェ・マリアのガンマン(IL PISTOLERO DELL’AVE MARIA)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。