映画「憎いあンちくしょう」



石原裕次郎                      浅丘ルリ子

今回は蔵原惟繕監督1962年製作「憎いあンちくしょう」をピックアップする。
本作は日本初のロードムービーとされている作品で東京から日本列島を縦断、九州・阿蘇に辿り着くまでを描いている。私は、現代のアイドル顔負けの女優芦川いづみさんの出番が少なかったのが残念だった。


浅丘ルリ子、長門裕之                 芦川いづみ

【ストリー】
北大作(石原裕次郎)はマスコミから追いまわされる「現代のヒーロー」で、映画出演、テレビ座談会、司会、原稿執筆等々、一分一秒まで予定で埋っている。そんな彼を支配するのは、マネジャー兼恋人の榊典子(浅丘ルリ子)という近代娘。二人は二年前から「ある瞬間」がくるまで、指一本ふれないという約束をかわしている。時間で動く機械のような生活に倦怠を感じている大作の前に、井川美子(芦川いづみ)が現れて情勢は一変した。「ヒューマニズムを理解できるドライバーを求む。中古車を九州まで連んでもらいたし。但し無報酬」という奇妙な三行広告が、大作の受け持つテレビ番組とりあげられたのが事の始まり。美子の恋人で医師の敏夫(小池朝雄)は、九州の片田舎に住んでもう二年も離れたままだが、今なお二人の間には純愛が続いている。大作の体中の血がたぎった。「僕が運びます!」彼が本番最中のテレビ・スタジオを飛び出したので、典子やディレクターの一郎(長門裕之)は大あわて。典子はスポーツ・カーで、ジープを飛ばす大作を追った。いち早くこの事件から新番組を企画した一郎たちの取材班、新聞社の車がそれに続いた。静岡、豊橋、名古屋、京都--。典子は愛する大作の突飛な行動を正当化し、話題の焦点にしようと一芝居打つが、それは失敗に終った。大作の心には、井川美子の純愛をたしかめることしかないのだ。幾多の困難を排してジープは一路九州へ。福岡の山笠まつりの混乱の中で、群衆にもまれた典子は大作に救い出された。大作は典子との間にあった倦怠が崩れ、ついに「ある瞬間」がやってきたのを知った。阿蘇の大噴火口を越えると、目的地は近い。洗川村では美子と敏夫が大作を待っていた。ジープを渡した大作は、東の空にのぼる太陽を見つめて、典子に叫んだ。「さあ、きょうから僕たちの第一日目だ!」と--。


川地民夫                       小池朝雄

題名:憎いあンちくしょう
監督:蔵原惟繕
企画・製作:水の江滝子
脚本:山田信夫
撮影:間宮義雄、岩佐一泉
照明:藤林甲
録音:橋本文雄
美術:千葉和彦
特殊技術:金田啓治
記録:大和屋叡子
編集:鈴木晄
音楽:黛敏郎 主題歌:石原裕次郎「憎いあンちくしょう」
現像:東洋現像所
製作主任:亀井欽一
助監督:木下喜源、藤田繁夫
色彩計測:竹内茂三
スチール:井本俊康
出演:石原裕次郎、浅丘ルリ子、芦川いづみ、長門裕之、小池朝雄、川地民夫、佐野浅夫、葵真木子、井上昭文
1962年日本・日活/シネスコサイズ・カラー105分35mmフィルム
憎いあンちくしょう -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


憎いあンちくしょう