映画「西部の無頼人」


クレイグ・ヒル                                                レア・マッサリ

今回はパオロ・ビアンチーニ監督1968年製作「西部の無頼人(LO VOGLIO MORTO)」をピックアップする。
主演は「さすらいの一匹狼」でブレイクしたクレイグ・ヒル、共演に「情事(1960年/ミケランジェロ・アントニオーニ監督)」「ロード島の要塞(1961年/セルジオ・レオーネ監督)」「好奇心(1971年/ルイ・マル監督)」の名女優レア・マッサリが出演した唯一のマカロニ・ウエスタンだ。他には「怒りの荒野」のアンドレア・ボシック、「夕陽の用心棒」のホセ・マヌエル・マルティンが脇を固めている。


レア・マッサリ、リシア・カルデロン      クリスティーナ・バシナリ

【ストリー】
牧場を買うためにやって来た放浪するガンマンのクレイトン(クレイグ・ヒル)とその妹メルセデス(クリスティーナ・バシナリ)は。ある町に立ち寄り、クレイトンが知人と会っている間、メルセデスはホテルで休憩をとっていた。そこに悪党ららが侵入し、暴行されたメルセデスは殺されてしまう。
ホテルに戻って来たクレイトンは、妹の遺体のそばにタバコ入れが落ちているのを発見。
ジャック・ブラット(ホセ・マヌエル・マルティン)という悪党の持ち物である事を知った。クレイトンは、妹の復讐を果たすべく、ブラットの行方を追い、とある牧場に辿り着くのだった…….。


アンドレア・ボシック             ホセ・マヌエル・マルティン

題名:LO VOGLIO MORTO
邦題:西部の無頼人
監督:パオロ・ビアンチーニ
脚本:カルロス・サラビア
撮影:リカルド・アントセレイ
編集:エウヘニオ・アラビソ
音楽:ニコ・フィデンコ
出演:クレイグ・ヒル、レア・マッサリ、アンドレア・ボシック、ホセ・マヌエル・マルティン、アンドレア・スコッティ、ランク・ブラナ、ホセ・カナレハス、フランシスコ・エニト、クリスティーナ・バシナリ、リシア・カルデロン
1968年イタリア・スペイン/ビスタサイズ・カラー82分35mmフィルム [日本劇場未公開]
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 48号 2018年 2/11号 [分冊百科]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


西部の無頼人(LO VOGLIO MORTO)」クレイグ・ヒル

西部の無頼人(LO VOGLIO MORTO)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

西部の無頼人(LO VOGLIO MORTO)