映画「15時17分、パリ行き」


15時17分、パリ行き(THE 15:17 TO PARIS)

今日(2018年3月1日)から日本で劇場公開されたクリント・イーストウッド監督2017年製作「15時17分、パリ行き(THE 15:17 TO PARIS)」を封切り日にTOHOシネマズ府中スクリーン3で観て来た。本作は2015年8月21日にアムステルダムからパリに向けた高速列車内で、銃を発砲したイスラム過激派の男から乗客を守ろうとした3人のアメリカ人の勇気を、事件の当事者である本人そのままにキャスティングし、実際の乗客も数多く参加したほか、事件が起きた場所でも撮影を敢行したそうだ。確かに英雄的な行為で称賛に価するとは思うが、映画としてどうなのか?と疑問を抱いた。事実をなぞった内容は、3人の少年期から現在までを回想しているが、モチーフが弱いと思う。「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」も事実に基づいた優秀な作品であったが、本作は映画作品として前の2作に及ばない。


15時17分、パリ行き(THE 15:17 TO PARIS)

【ストリー】
2015年8月21日。アムステルダムからパリに向けて高速列車タリスが発車。列車は順調に走行を続け、やがてフランス国内へ。ところが、そこで事件が発生する。乗客に紛れ込んでいたイスラム過激派の男が、自動小銃を発砲したのだ。突然の事態に怯え、混乱をきたす500名以上の乗客たち。その時、犯人に立ち向かったのは、ヨーロッパ旅行中のアメリカ人の若者3人組だった。なぜ彼らは、死の恐怖に直面しながらも、困難な事態に立ち向かうことができたのか……?


クリント・イーストウッド監督

題名:THE 15:17 TO PARIS
邦題:15時17分、パリ行き
監督:クリント・イーストウッド
製作総指揮:ブルース・バーマン
製作:ティム・ムーア、クリスティーナ・リベラ、ジェシカ・マイヤー、クリント・イーストウッド
脚本:ドロシー・ブリスカル
撮影:トム・スターン
美術:ケビン・イシオカ
衣装:デボラ・ホッパー
編集:ブルー・マーレイ
音楽:クリスチャン・ジェイコブ
出演:アンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、スペンサー・ストーン、ジュディ・グリア、ジェナ・フィッシャー
2017年アメリカ/シネスコサイズ・カラー94分デジタルシネマ
15時17分、パリ行き -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


15時17分、パリ行き(THE 15:17 TO PARIS)