映画「黄線地帯」


天知茂

今回は石井輝男監督1960年製作「黄線地帯」をピックアップする。
本作は、新東宝が制作した”地帯(ライン)シリーズ”の第三作である。神戸が舞台になっているものの、実際には横浜がロケ地となっている。神戸の”カスバ”街は、新東宝美術部が作り上げた見事なセットである。

1958年「白線秘密地帯」
1959年「黒線地帯
1960年「黄線地帯
1961年「セクシー地帯
1961年「火線地帯


吉田輝雄

【ストリー】
殺し屋衆木(天知茂)は阿川(大友純)という男に頼まれて神戸税関長を殺した。しかし、その報酬は警察への密告だった。衆木は阿川を殺そうと、東京駅で強引に拾った踊子ルミ(三原葉子)とアベックを装い、神戸のカスバ街へ乗りこんでいく。ルミは新聞記者の真山(吉田輝雄)と恋仲で、神戸の新日本芸能社の踊子募集に応じるため、真山に連絡の電話をかけているところを衆木につかまったのだ。真山も新日本芸能社が国際売春組織である黄線地帯と関連があるのを知り、ルミの後を追って神戸へ急行した。神戸へ着いたルミは“連れの男は殺人犯です。助けて下さい”と書いた百円札を衆木の目を盗んで靴屋に渡した。が、店員は気づかず、入れちがいに来た弓子(三条魔子)というサラリーガールがこの百円札を受取ることになった。ルミは安ホテルに監禁された。真山は靴屋の店員から弓子の件を知らされ、弓子の許へ駈けつけたが彼女は既に誘拐された後だった。弓子は連れ去られる車から例の札を道に捨てた。これが運よく真山の手に入った。弓子は、阿川を頭とする外国人相手の秘密売春団のかくれ家に軟禁された。衆木も阿川の居所をつきとめていた。真山も黒人の女から、秘密クラブの話を聞き出し、“セブンローゼズ”に向った。ホールではルミが踊っていた。衆木は阿川をおどし、阿川に指令を発しているという社会事業家松平(中村虎彦)の邸を襲った。真山の急報で警官隊が黄線地帯に殺到した--。


天知茂                      三条魔子、三原葉子

題名:黄線地帯
副題:イエロー・ライン
監督:石井輝男
企画:佐川滉
製作:大蔵貢
脚本:石井輝男
撮影:鈴木博
照明:関川次郎
録音:村山絢二
美術:宮沢計次
編集:鹿島秀男
音楽:渡辺宙明
製作主任:高橋松雄
助監督:武部弘道
出演:天知茂、三原葉子、吉田輝雄、三條魔子、大友純、沼田曜一、中村虎彦
1960年日本・新東宝/新東宝スコープ(シネスコサイズ)・イーストマンカラー79分35mmフィルム
黄線地帯 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


黄線地帯