映画「日本暴行暗黒史 暴虐魔」


山下治

今回は若松孝二監督1967年製作「日本暴行暗黒史 暴虐魔」をピックアップする。
シリーズ第2作の本作は、昭和20年に実際に起きた小平連続強姦殺人事件を題材としている。ピンク映画にありがちなテーマだが、主演の山下治さん(映画監督)の怪演が凡庸な作品にしていない。

作品リスト


日本暴行暗黒史 暴虐魔

【ストリー】
青年、丸木戸義男(山下治)は気弱な青年であり、目立たぬような地味な生活を送っている。しかし、丸木戸は深く大きな闇を秘めていた。女性を強姦し、殺しては死体を洞窟にコレクションしているのだった・・・。


日本暴行暗黒史 暴虐魔

題名:日本暴行暗黒史 暴虐魔
監督:若松孝二
企画・製作:若松孝二
脚本:出口出(足立正生)
撮影:伊東英男
照明:磯貝一
録音:福田伸
音効:福島グループ
編集:宮田二三夫
音楽:高村光二
製作主任:弥山政之
監督助手:小水一男、木田英博
撮影助手:高松哲郎、一ノ瀬正史
照明助手:前田基男、広島満宗
現像:目黒スタジオ
出演:山下治、林美樹、弥生京子、小柳冷子、佐藤愚作、ガイラ・ジョンソン
1967年日本・若松プロダクションシ/ネスコサイズ・パートカラー71分35mmフィルム
続日本暴行暗黒史 暴虐魔 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


日本暴行暗黒史 暴虐魔

【出演】
丸木戸義男:山下治
BG:林美樹
夕子:弥生京子
良江:小柳冷子
マスエ:坂本道子
BG:三枝巻子
BG:木戸脇菖子
君代:大川美記子
主婦:浜純子
義父:宇江耕介
刑事:松浦康
検事:寺島幹夫
村のチンピラ:佐藤愚作、ガイラ・ジョンソン