映画「犯された白衣」


唐十郎

今回は若松孝二監督1967年製作「犯された白衣」をピックアップする。
本作は「日本暴行暗黒史 暴虐魔」の撮影とほぼ同じタイミングに、同じ女優さんを起用して僅か3日間で撮影したそうだ。演技と脚本の即興性を、より際立たせる実験的スタイルは、高く評価された。劇映画を3日間で?と思う方もいるとは思うが「荒野のダッチワイフ」でその撮影について説明した様に、ピンク映画の枠組みで作られたバジェットとは、3日間程度が限度なのである。しかし本作は、ピンク映画の枠組みを超えた作品である事は間違いない。

作品リスト


小柳怜子

【ストリー】
渚にたたずむ少年は銃を持っていた。海辺の病院の看護婦寮。そして、そこには6人の看護婦がいたはずだった。
・・・嵐の夜、一人の看護婦がもの音に気づき覗き見た隣室の薄闇の中に、二人の看護婦が体を重ね愛し合う姿あった。そして窓の外、豪雨に打たれる少年(唐十郎)がいた。看護婦たちはいたずら心から、愛し合う二人の姿を見せようと少年を寮に引き入れる。しかし、それが惨劇の始まりだった。次々と女たちに銃口を向ける少年を懸命に説得し、命乞いする婦長(小柳怜子)。その様子を茫然と、いやどこかさめた目でみつめる一人の看護婦(坂本道子)がいた。


犯された白衣

犯された白衣」坂本道子

坂本道子、唐十郎                 坂本道子

題名:犯された白衣
監督:若松孝二
企画・製作:若松孝二
脚本:若松孝二、山下治、唐十郎、足立正生
撮影:伊東英男
照明:磯貝一
録音:福田伸
音効:福島グループ
編集:宮田二三夫
音楽:高村光二
製作主任:弥山政之
監督助手:小水一男、木田英博
撮影助手:高松哲郎、一ノ瀬正史
照明助手:前田基男、広島満宗
モデルガン:ジョンソン商店
現像:目黒スタジオ
出演:唐十郎、林美樹、小柳冷子、坂本道子、木戸脇菖子、三枝巻子、弥生京子、佐藤愚作、田中角造
1967年日本・若松プロダクション/シネスコサイズ・パートカラー57分35mmフィルム
犯された白衣 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


犯された白衣」唐十郎

【出演者】
美少年:唐十郎(劇団状況)
婦長:小柳冷子
看護婦A:林美樹
看護婦B:木戸脇菖子
看護婦C:三枝巻子
看護婦D:弥生京子
少女:坂本道子
機動隊:佐藤愚作、田中角造、荒船又十郎、椎名左遷男
機動隊:愛知健太郎、三木良助、吉田信衛門