映画「新日本暴行暗黒史 復讐鬼」


吉沢健                        津島明子

今回は若松孝二監督1968年製作「新日本暴行暗黒史 復讐鬼」をピックアップする。
シリーズ第4作の本作は、日本犯罪史上に残る惨劇〝津山三十人殺し〟をモデルにした作品で「八ツ墓村」「丑三つの村」などこの事件をモデルにした数多くの映画や本が発表されて来たが、本作が最古と言われているそうだ。

作品リスト


新日本暴行暗黒史 復讐鬼

【ストリー】
ある山村。肺病家系と言われ村八分にされ暮らしている兄と妹。そして悲劇は起きた。縛り上げられた兄の目の前で妹が村の男たちに凌辱されてしまう。そのショックで妹は発狂し・・・・遂に怒りの塊は爆ぜた!兄は村中を惨劇の場へと落とす復讐の鬼と化すのだった。


新日本暴行暗黒史 復讐鬼

題名:新日本暴行暗黒史 復讐鬼
監督:若松孝二
企画・製作:若松孝二
脚本:出口出(足立正生)
撮影:伊東英男
照明:磯貝一
録音:杉崎喬
音効:福島効果グループ
編集:宮田二三夫
記録:松田政男
音楽:関口昇介
制作主任:弥山政之
助監督:沖島勲
監督助手:秋山未知汚
撮影助手:高松鉄郎、中村賢司
照明助手:安藤裕二、今井肇
現像:目黒スタジオ
出演:吉沢健、津島明子、田口一矢、関成夫、村岡五郎、津崎公平、三枝陽子、相原香織、井川道代、南川礼子、北島美子、山口広、金田洋、岡亀広、木南清、鈴木通人、城弘
1968年日本・若松プロダクションシ/ネスコサイズ・パートカラー72分35mmフィルム
日本暴行暗黒史 復讐鬼 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


新日本暴行暗黒史 復讐鬼