映画「われに撃つ用意あり」


原田芳雄                        桃井かおり

今回は若松孝二監督1990年製作「われに撃つ用意あり(READY TO SHOOT)」をピックアップする。
本作は、全共闘で戦った主人公が、ヤクザから逃げる不法入国のベトナム女性を助ける事によって、全共闘世代の仲間達のその後が炙り出される。本作の一面で、あの時代の総括として訴求したと思うのは深読みなのか?初見の方は、60年代後半~70年代の若松孝二監督作品を観てから本作を観るべきである。

作品リスト


ルー・シュウリン                    蟹江敬三

【ストリー】
新宿・歌舞伎町。スナック“カシュカシュ”のマスター郷田克彦(原田芳雄)の前に、ヤクザに追われている女が現れる。女の名はヤン・メイラン(ルー・シュウリン)、ベトナム人である。その頃、外では桜道会系戸井田組々長が銃殺される事件が発生し、新宿署のマル暴刑事・軍司(蟹江敬三)が捜査を開始していた。殺人現場にはVHS-Cビデオのアダプターが残されていたが中身のテープはなかった。一方“カシュカシュ”では20年間続いたこの店の閉店パーティが行なわれており、克彦のかつての全共闘の同志である季律子(桃井かおり)、秋川(石橋蓮司)、三宅ら(小倉一郎)が集っていた。中にはメイランの姿も見え、実は彼女がベトナム難民であり、偽造パスポートを持つ密入国者であることが判明する。逃走のためのパスポートを取りに店を出たメイランは、戸井田組に追われるが克彦はそんな彼女を救出するのだった。一方、事件を追う軍司は、戸井田組がタイの女にパスポートをネタに売春させ、その女に組長が殺されたらしいことと、女がビデオテープを持っていることをつきとめた。時を同じくして香港ヤクザが戸井田組々員を殺害する事件が起り、そこで軍司はビデオテープを発見する。それは桜道会桜田のフィリピン女の殺人シーンだった。メイランは克彦と仲間に戸井田に脅され、犯されそうになった時、銃が暴発して戸井田を殺してしまったことを打ち明ける。そして対策を練っていた時、秋川が香港ヤクザに殺されてしまい、メイランもさらわれてしまう。克彦は一人でメイランを救出することを決意する。そんな克彦と行動を共にする季律子。リボルバーを手に香港ヤクザのいるフィリピンパブへ向う二人は、ヤクザと警察を向こうに激しい銃撃戦の末、メイランを無事逃がす。そして、負傷した二人は互いを支え合いながら薄れかける意識の中で笑い合うのだった。


麿赤児

題名:われに撃つ用意あり
英題:READY TO SHOOT
監督:若松孝二
企画・製作:若松孝二
製作:清水一夫
原作:佐々木譲「真夜中の遠い彼方」
脚本:丸内敏治
撮影:伊東英男、田中一成、佐久間栄一
照明:安河内央之
録音:栗林豊彦
美粧:大石聖子
編集:鈴木歓、遠山千秋
音楽:梅津和時 主題歌:原田芳雄「新宿心中」「魂の1/2」
フィルム:イーストマンコダック
撮影機材:ナック (Arriflex)
現像:東映化学 タイミング:新井喜久也
助監督:田代廣孝
製作協力:花田企画
モデルガン:BIG SHOT
スチール:佐々木美智子
出演:原田芳雄、桃井かおり、ルー・シュウリン、蟹江敬三、石橋蓮司、松田ケイジ、室田日出男、吉澤健、山口美也子、小倉一郎、西岡徳馬、佐野史郎、山谷初男、麿赤児、外波山文明、下元史朗、又野誠治
1990年日本・若松プロダクションシ+松竹/ビスタサイズ・カラー106分35mmフィルム
われに撃つ用意あり -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


石橋蓮司                                            松田ケイジ、桃井かおり、原田芳雄、ルー・シュウリン

われに撃つ用意あり」原田芳雄、桃井かおり 新宿歌舞伎町コマ劇場前(現在はありません)