映画「炎上」


市川雷蔵                     市川雷蔵、中村鴈治郎

今回は市川崑監督1958年製作「炎上」をピックアップする。
本作は三島由紀夫氏の「金閣寺」の映画化で、驟閣という美に憑かれた男を描く異色作だ。市川崑監督は、日活から大映に移籍してから5本目の大映作品となり、市川雷さんにとってデビューから4年目、48本目の初の現代劇主演作である。撮影は巨匠宮川一夫氏、”モノクロ”と”シネスコ”による効果的映像が素晴らしい。

【当ブログで紹介した市川崑監督作品】
1951年「盗まれた恋」
1951年「恋人
1956年「処刑の部屋
1957年「
1957年「満員電車
1958年「炎上
1959年「
1959年「野火
1960年「女経」より「物を高く売りつける女」
1961年「黒い十人の女
1962年「破戒


仲代達矢                       新珠三千代

【ストリー】
溝口吾市(市川雷蔵)は、父の遺書を携えて京都の驟閣寺を訪れた。昭和19年の春のことである。彼は父から口癖のように、この世で最も美しいものは驟閣であると教えこまれ、驟閣に信仰に近いまでの憧憬の念を抱いていた。父の親友でこの寺の住職・田山道詮老師(中村鴈治郎)の好意で徒弟として住むことになった。昭和22年、戦争の悪夢から覚めた驟閣には、進駐軍の将兵を始め観光客が押しよせた。静かな信仰の場から、単なる観光地になり下ってしまったのだ。ある日米兵と訪れ戯れる女を、溝口は驟閣の美を汚す者として引ずりおろした。25年、溝口は古谷大学に通うようになり、そこで内翻足を誇示して超然としている戸苅(仲代達矢)を知った。彼は、驟閣の美を批判し老師の私生活を暴露した。溝口の母あき(北林谷栄)は、生活苦から驟閣寺に住みこむことになった。溝口は反対した。父が療養中、母は姦通したことがあるからだ。この汚れた母を、美しい驟閣に近づけることは彼には到底出来なかったのである。口論の挙句、街にさまよい出た溝口は、芸妓を伴った老師に出会った。戸苅の言ったことは、真実であった。彼は小刀とカルモチンを買い、戸苅から金を借りて旅に出た。故郷成生岬の断崖に立ち荒波を見つめる溝口の瞼には、妻に裏切られ淋しく死んでいった父のダビの青白い炎が浮んだ--。挙動不審のため警察に保護され、連れ戻された溝口を迎えた、母と老師の態度は冷かった。彼は、自分に残されているのは、ただ一つのことをすることだけだと思った。溝口はふるえる手で、三たびマッチをすった。白煙がたちのぼり、その中から赤い透明の焔が吹き上った。美しくそそり立つ驟閣が、夜空をこがして炎上する。その美しさに溝口は恍惚とした。--国宝放火犯人として検挙された溝口は、頑として尋問に答えなかった。実施検証で焼跡を訪れた。が、そこに見出したのは無惨な焼跡だけだった。汽車に乗せられた溝口は、便所へ立った、少しの油断を見て、彼は自らの体を車外へ投げ出した--。


北林谷栄、市川雷蔵              市川雷蔵、浦路洋子、仲代達矢

題名:炎上
監督:市川崑
企画:藤井浩明
製作:永田雅一
原作:三島由紀夫「金閣寺」
脚本:和田夏十、長谷部慶治
撮影:宮川一夫
照明:岡本健一
特機:宇野薫
録音:大角正夫
音効:倉嶋暢
美術:西岡善信
装置:梶谷輝雄
装飾:松本春造
背景:太田多三郎
美粧:小林昌典
結髪:石井エミ
記録:中井妙子
編集:西田重雄
音楽:黛敏郎 邦楽:中本利生
製作主任:橋本正嗣
製作進行:鈴鹿俊彦
助監督:田中徳三
撮影助手:田中省三
照明助手:美間博
美術助手:加藤茂
録音助手:近藤正一
演技事務:千賀滝三郎
スチール:西地正満
出演:市川雷蔵、仲代達矢、新珠三千代、中村鴈治郎、浦路洋子、中村玉緒、北林谷栄、信欣三
1958年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・モノクロ99分35mmフィルム
炎上 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


市川雷蔵                        「炎上」