映画「県警対組織暴力」


菅原文太                       松方弘樹

今回は深作欣二監督1975年製作「県警対組織暴力」をピックアップする。
当時の東映は、実名映画化した1973年「山口組三代目(山下耕作監督 出演:高倉健、菅原文太)」1974年の「三代目襲名(監督:小沢茂弘 出演:高倉健、渡瀬恒彦)」が大ヒットし、山口組への対策を強化し始めていた兵庫県警が快く思わず、東映本社が家宅捜索され、岡田茂東映社長は警察に出頭を命じられた。これらの弾圧によって予定していたシリーズ三作目「山口組三代目 激突篇」の製作を断念した。その様な背景の中で、実名を出さず任侠を美化せず警察の腐敗を描いた本作が製作された。


梅宮辰夫                       成田三樹夫

【ストリー】
昭和32年。大原組内紛による倉島市のやくざ抗争は、反主流派・三宅組長の射殺と、大原組長の逮捕で一応終止符を打った。三宅派の友安政市(金子信雄)が組を解散後市会議員となってから市政の腐敗が目立ち、友安の可愛がる大阪の流れ者・川手勝美(成田三樹夫)が組を結成して以来、大原組の留守を預る若衆頭・広谷賢次(松方弘樹)との小競合が頻繁に起こるようになった。昭和38年。倉島署、捜査二課の部長刑事・久能徳松(菅原文太)は、暴力班のベテラン刑事として腕をふるっていたが、現在の警察機構では久能がどんなに実績をあげても、昇進試験にパスしない限り、警部補にはなれない。彼の10年先輩の吉浦部長刑事(佐野浅夫)がそのいい見本であった。二人はそれぞれ、やくざを取締るにはやくざの分際まで落ちなければ職務を全うできないと心得ていた。久能は6年前、三宅組長を射殺した広谷の犯行を見逃してやって以来、二人は固い絆で結ばれている。今度も久能は友安が川手組の縄張り拡張のために職権乱用した事をつきとめ叩きつぶした。倉島地区の暴力取締り本部が再編成されることになり、県警本部から若手エリート警部補・海田昭一(梅宮辰夫)が赴任した。海田は、法に厳正、組織に忠実、やくざとの私的関係を断つ、と、三点をモットーに本部風を吹かせた。海田のやり方に反撥した吉浦は退職した。時同じくして久能は妻の玲子(中原早苗)に離縁状を叩きつけられた。数日後、吉浦は川手組の顧問となり、久能は捜査班から遠ざけられた。翌日、大原組長出所祝いの花会で大原は再び逮捕され、組の解散を迫られた。これらは友安に買収された海田の描いた絵図だったが、追いつめられた広谷は久能を責めた。そして海田に反抗した久能は自宅待機を命ぜられた。一方、窮地に立たされた広谷は、吉浦をホテルに監禁し、海田と取引きした。これを無視した海田は、久能に広谷説得を要請した。自らの意志で広谷に接近した久能は、川手組の解散、広谷等の減刑、という条件で自首を納得させた。「花道じゃけん、カッコつけさせてくれ」と言って久能に手錠をはずさせた広谷は、突然海田の拳銃を奪うと車に飛び乗った。久能は腰の拳銃を抜きざま広谷の頭部を射った……。
昭和40年。倉島署内の一派出所の巡査・久能徳松は、バイクで巡回中、接近して来た一台の乗用車にはねられ即死、交通事故として処理された。


金子信雄                        池玲子

題名:県警対組織暴力
監督:深作欣二
企画:日下部五朗
脚本:笠原和夫
撮影:赤塚滋
照明:中山治雄
録音:溝口正義
美術:井川徳道
装置:近藤幸一
装飾:山田久司
背景:西村和比古
美容・結髪:東和美粧
衣装:岩道保
技斗:上野隆三
記録:田中美佐江
編集:堀池幸三
音楽:津島利章
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:真沢洋士
監督補佐:皆川隆之
助監督:藤原敏之
演技事務:森村英次
スチール:木村武司
出演:菅原文太、梅宮辰夫、松方弘樹、池玲子、成田三樹夫、山城新伍、中原早苗、室田日出男、佐野浅夫、藤岡重慶、鈴木瑞穂、田中邦衛、金子信雄、安部徹、小松方正、汐路章、川谷拓三、曽根晴美
1975年日本・東映/シネスコサイズ・カラー100分35mmフィルム
県警対組織暴力 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


川谷拓三                       菅原文太