映画「ブレードランナー」


ハリソン・フォード                                    ショーン・ヤング

今回はリドリー・スコット監督1982年製作「ブレードランナー(BLADE RUNNER)」をピックアップする。
本作は、ワーナー・ブラザースのバーバンクスタジオにある”オールド・ニューヨーク・ストリート”と呼ばれるオープンセットを大規模に改装して作られたセットで撮影された。人造人間と人間との戦いをフィルム・ノワール調で描いたSF映画だ。
撮影後の合成処理は、視覚効果監修のダグラス・トランブル氏によると「2001年宇宙の旅」での経験から当時のオプチカル合成による画質劣化を抑えるために、SFXシーンを70mm(65mm)で撮影したそうだ。ファイナル・カット版の特撮シーンは、この70mmフィルムからダイレクトにテレシネされたものが使用されいる。


ダリル・ハンナ                  ルトガー・ハウアー

【ストリー】
2019年。この頃、地球人は宇宙へ進出し、残された人々は高層ビルの林立する都市に住んでいた。休みなく雨が降っているロサンゼルスでは東洋系を始めとして、さまざまな人々がうごめいていた。その1人デッカード(ハリソン・フォード)は、ガフ(エドワード・ジェームズ・オルモス)と名乗る男に本署へ連れてこられる。そこで彼は元上司のブライアントに、レプリカント4名が地球に侵入したので、彼らを見つけ出せと命じられる。レプリカントとは、遺伝子工学の新技術によって生産された人造人間で、宇宙探索や植民地惑星での危険な労働に従事し、あらかじめ死期もセットされている。ブレードランナーはレプカリントの犯罪や叛逆にそなえ、彼らを識別し抹殺する刑事のことで、デッカードはなかでも一流だった。彼はレプカリント製造の最大手タイレル社に行き、そこでタイレル博士(ジョン・ターケル)と謎の美女レイチェル(ショーン・ヤング)に出合う。彼はレイチェルをテストし、彼女がレプカリントであることを知るが、彼女自身はそれを知らなかった。デッカードはスネーク・ダンスを踊っていたレプリカントの1人ゾーラを射殺。レプリカントのレオンに襲われるが、危ういところをレイチェルに救われた。その後、2人はアパートで結ばれる。レプリカントのリーダーであるバッティ(ルトガー・ハウアー)は、自分の死期を知ろうとしてタイレル社長と対面し、タイレルを惨殺。デッカードは、レプリカントのプリス(ダリル・ハンナ)を倒した。そして、デッカードとバッティが対決。デッカードを追いつめながら、死期を悟ったバッティは彼を見逃すのだった。デッカードはレイチェルを連れて、都市から脱出する。

題名:BLADE RUNNER : The Final Cut
邦題:ブレードランナー ファイナル・カット
監督:リドリー・スコット
製作総指揮:ブライアン・ケリー、ハンプトン・ファンチャー
製作:マイケル・ディーリー
原作:フィリップ・K・ディック「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」
脚本:ハンプトン・ファンチャー、デイヴィッド・ピープルズ
撮影:ジョーダン・クローネンウェス
録音:バド・アルパー
美術:ローレンス・G・ポール、デイヴィッド・L・スナイダー
衣裳:チャールズ・ノッド、マイケル・カプラン
特殊メイク:マービン・G・ウェストモア
スタント:ゲイリー・コムズ
未来世界視覚デザイン:シド・ミード
特殊効果監修:ダグラス・トランブル、リチャード・ユーリシッチ、デイヴィッド・ドライヤー
ビジュアルフューチャリスト:シド・ミード
編集:テリー・ローリングス、マーシャ・ナカシマ
音楽:ヴァンゲリス
提供:ジェリー・ペレンチノ、バッド・ヨーキン
出演:ハリソン・フォード、ルトガー・ハウアー、ショーン・ヤング、エドワード・ジェームズ・オルモスM・エメット・ウォルシュ、ダリル・ハンナ、ウィルアム・サンダーソン、ブライオン・ジェームズ、ジョセフ・ターケル、ジョアンナ・キャシディ
1982年アメリカ/シネスコサイズ・カラー116分35mmフィルム
ブレードランナー ファイナル・カット -Blu-ray-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ブレードランナー ファイナル・カット(BLADE RUNNER : The Final Cut)