映画「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」


「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」武田梨奈

武田梨奈                        久保田悠来

今回は山岸謙太郎監督2018年製作「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」最悪作品賞をピックアップする。
本作は、自主製作映像の監督である山岸謙太郎さんが作ったビデオドラマである。

内容は、自主製作映像の作者が、自らの才能に疑問を抱き、銀行強盗後の逃避行をビデオカメラで撮り、イチかバチかの捨て身の作品として撮影して行くが、巻き込まれた主人公の那奈(武田梨奈)が、実は警官だったという稚拙な筋立てである。何の感動も緊張感もなく、自己周辺の偏狭な世界観を押し売りする表現で、とても映画とは言い難い。特にフェード・インアウトの使い方には絶句した。

私が本作を観たのは、武田梨奈さんが出演しているからであり、つまらない内容より、彼女の表情、しぐさ、間の取り方などに注目した。有望な若手の女優さんとして期待している事に変わりはないが、脚本と監督に恵まれていないのは残念だと思う。良い作品と本物の映画監督に出会うまでは、撮影の場数を増やすのも経験になると思う。
頑張れ!武田梨奈さん!

【当ブログで紹介した武田梨奈さん主演作品】
2009年「ハイキック・ガール!
2011年「女忍 KUNOICHI
2013年「祖谷物語-おくのひと-
2015年「かぐらめ
2018年「三十路女はロマンチックな夢を見るか?


酒井美紀

【ストリー】
20代も残すところあと数日になった那奈(武田梨奈)は、恋人はおらず、仕事も単調で、夢もなくしていた。しかも親友の寿退社を社内の挨拶で知り、ショックを受ける。そんな中、部屋に突如銀行強盗の逃走犯3人が押し入ってきて、那奈は拘束されてしまう。しかし自分たちの犯行をビデオカメラで撮影する3人は、全然強盗らしくない様子。3人は拓人(久保田悠希)とその恋人・麗良(佐生雪)、そして拓人の元彼女である葵(酒井美紀)で、麗良と葵の間には気まずい雰囲気が流れていた。強盗団との逃亡劇という非日常に突如巻き込まれた那奈の運命は……?!


武田梨奈

題名:三十路女はロマンチックな夢を見るか?
監督:山岸謙太郎
脚本:上原三由樹、山岸謙太郎
撮影:手嶋悠貴
照明:浅見貴宏
録音:弥栄裕樹
美術:岡田匡未
装飾:湊博之
美粧:高橋亮
合成:山岸謙太郎、高橋丈三郎
配役:北田希利子
衣装:加藤佑里恵
音楽:小林直幸 主題歌:JULIET
撮影レンズ:ZEISS Cinema Zoom Lenses
制作担当:星孝行
製作主任:松沢連
製作進行:虫狩槍司、井出和樹
助監督:岡元太
プロデューサー:前田和紀、木俣誠、上野境介
エグゼクティブプロデューサー:翔治陽人
ラインプロデューサー:酒井明
出演:武田梨奈、久保田悠来、酒井美紀、佐生雪、山村美智、秋吉織栄、春花、近藤芳正、鎌田秀勝、富田翔、渡部龍平
2017年日本・キャンター/シネスコサイズ・カラー91分デジタルシネマ
三十路女はロマンチックな夢を見るか? -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


三十路女はロマンチックな夢を見るか?

「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」武田梨奈