映画「恐怖女子高校 アニマル同級生」


「恐怖女子高校 アニマル同級生」池玲子

池玲子                               一の瀕レナ

今回は志村正浩監督1973年製作「恐怖女子高校 アニマル同級生」をピックアップする。
本作は”恐怖女子高校 シリーズ”第4作で最終作になる。フェンシングとアーチェリーという小道具を用いた対決は珍しい。

【恐怖女子高校シリーズ】
1972年「恐怖女子高校 女暴力教室」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「恐怖女子高校 暴行リンチ教室」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「恐怖女子高校 不良悶絶グループ」監督:志村正浩 出演:池玲子、叶優子
1973年「恐怖女子高校 アニマル同級生」監督:志村正浩 出演:池玲子、一の瀕レナ
予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


成瀬正孝                     恐怖女子高校 アニマル同級生

【ストリー】
私立聖和女学院は海外留学制度とスポーツが売りものの学園である。この学園の悪を仕切っているのは、紅原竜子(衣麻遼子)を番長とする黒バラ会である。ある日、五人の転校生が竜子のいる三年B組に来ることになった、麻生政江(春日朱美)、阿部定子(田島晴美)、荒木真砂美(早乙女りえ)、小早川一絵(織部ゆう子)、そして、口笛の亜紀と呼ばれ学園を転々としている風花亜紀(池玲子)である。亜紀は、フェンシングの凄腕でフェンシング部へ入部することを条件に入学を許可されたのだった。その日、学園には、亜紀の姿はみえなかったが、黒バラ会は、4人全員を裸にし、リンチを加えた。そこへ、亜紀が入って来た。鋭く睨み合う亜紀と竜子。翌日、学園に登校した亜紀は、体育会々長・深沢嵐子(一の瀕レナ)に会った。嵐子は体育会という力を利用し、黒バラ会から毎月上納金を取り上げていた。そんな嵐子を、竜子たちは、いつか痛めてやろうと機会を狙っていたのだった。数日後、アメリカの大学からスペンサー教授(マイク・ダーニン)が訪れ、留学生の選考が行われ、小早川一絵が選ばれた。だが、留学生とは偽りで、生徒を売春婦としてアメリカへ送り込む組織だったのである。その真相を知った一絵は絶望して自殺した。一方、亜紀は一絵の遺書から、悪らつな留学制度の真相を知り、秘かに調べ始めた。亜紀の姉も留学生として渡米して以来、行方不明なのである。亜紀が理事長の篠原(金子信雄)の家へ忍び込んでいた時、姉の恋人の梶村(成瀬正孝)と会った。梶村も留学制度に不信を抱いて篠原の運転手となっていたのだ。亜紀と梶村は手を組み、篠原たちの悪事を暴露することを誓った。亜紀は、篠原が嵐子を二号にしていることを知り、竜子に学校側の悪事を話した。嵐子の弱点を握った竜子たち黒バラ会は、嵐子をつるし上げ、亜紀と梶村は篠原、教頭を押え、校庭で生徒たちが取り囲む中を、火あぶりのリンチを行うのだった。


金子信雄、一の瀕レナ                          織部ゆう子

題名:恐怖女子高校 アニマル同級生
監督:志村正浩
企画:三村敬三、杉本直幸
脚本:掛札昌裕、中島信昭
撮影:増田敏雄
照明:中山治雄
録音:野津裕男
美術:富田治郎
装置:稲田源兵衛
装飾:柴田澄臣
美粧:富田治郎
結髪:東和美粧
衣装:豊中健
擬斗:土井淳之祐
記録:牧野叔子
編集:神田忠雄
音楽:鏑木創
進行主任:長岡功
助監督:野田和男
演技事務:響庭益雄
スチール:諸角義雄
出演:池玲子、一の瀕レナ、衣麻遼子、成瀬正孝、田島晴美、織部ゆう子、城恵美、春日朱美、早乙女りえ、高野真二、金子信雄、汐路章、大泉滉、マイク・ダーニン
1973年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
恐怖女子高校 アニマル同級生 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


一の瀕レナ、池玲子                        成瀬正孝、池玲子