映画「温泉ポン引女中」


温泉ポン引女中

橘ますみ                                 葵三津子

今回は荒井美三雄監督1969年製作「温泉ポン引女中」をピックアップする。
本作は石井輝男監督に師事していた荒井美三雄監督第一回作品である。前作よりもヌードの露出度は多い。「東映温泉芸者シリーズ」は”性愛もの”シリーズとして打ち出し、全作を当時の東映社長であった岡田茂氏の企画とタイトル命名でスタートしたそうだ。日本映画界で興行成績が東映独走の当時、日活は”青春路線”を中止して題名から内容まで徹底的に東映作品のマネをした映画製作を決定していた。

【東映温泉芸者シリーズ】
1968年「温泉あんま芸者」監督:石井輝男 出演:橘ますみ、三原葉子
1969年「温泉ポン引女中」監督:荒井美三雄 出演:橘ますみ、葵三津子
1970年「温泉こんにゃく芸者」監督:中島貞夫 出演:女屋実和子、松井康子
1971年「温泉みみず芸者 」監督:鈴木則文 出演:池玲子、松井康子、杉本美樹
1972年「温泉スッポン芸者」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、城恵美、女屋実和子
1973年「温泉おさな芸者」監督:鷹森立一 出演:田辺節子、沢リミ子、深田ミミ
1975年「東京ふんどし芸者」監督:野田幸男  出演:堀めぐみ、茜ゆう子、三井マリア
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


「温泉ポン引女中」葵三津子

岡田眞澄

【ストリー】
南紀白浜の温泉旅館「望海楼」の女中頭イク代(葵三津子)は、おかかえのポン引女中に売春をやらせて大繁盛。ある日、元関東昇龍会の三郎(林真一郎)が子持の情婦ミミ(橘ますみ)を連れ乗込んで来た。キャバレー「ナポリ」を開業、イク代の客をさらってしまい、彼女と対立した。ミミはイク代の妹であったが、三郎の情婦と知って、二人は5年ぶりに逢ったのに喧嘩別れしてしまう。そして、昇龍会への対抗策として、イク代が考えたアイデアが当って、再び活気がもどったが、そんな時、イク代の恋人のダンプ運転手秀男(岡田眞澄)はミミが「望海楼」から引抜いたポン引女中を「ナポリ」へ運んでしまい、談判に行ったがイク代もヤクザには勝てず女中たちを失ってしまった。そんな矢先、秀男が事故を起こし、修理代を作るために、かねてからイク代に執心のルポライター山之辺(南原宏治)に身をまかせた。一方ミミは昇龍会幹部の阿久津(高橋昌也)の情婦になっていたが、彼の計画したヌーデスト・パーティーを警察に密告したイク代の罪をきせられ私刑を受け三郎に助けられたが、三郎は射殺された。イク代とミミは、阿久津と、彼にピストル密輸の橋渡しを頼んだ政界の黒幕相沢(安部徹)をゆするがミミの子供弘子を人質にとられ、弘子を引取りに行った時、スポーツカーに襲われ、ミミは辛うじて助かったが、イク代は弘子の身代りになり息を引取った。


南原宏治                                安部徹

高橋昌也                               小池朝雄

題名:温泉ポン引女中
監督:荒井美三雄
企画:岡田茂、天尾完次
脚本:松本功、鳥居元宏
撮影:吉田貞次
照明:北口光三郎
録音:荒川輝彦
美術:鈴木孝俊
装置:谷内嘉造
装飾:宮川俊夫
美粧:久斗敏厚
結髪:横田三佳代
衣装:豊中健
擬斗:土井淳之祐
記録:塚越恵江
編集:神田忠男
音楽:八木正生 主題歌:津島波子「女ひとりのブルース」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:武久芳三
助監督:清水彰
協力:南紀白浜温泉 ホテルニュー白浜
スチール:藤本武
出演:橘ますみ、岡田眞澄、葵三津子、林真一郎、片山由美子、三笠れい子、木山佳、沢淑子、南風夕子、武智豊子、山口火奈子、黒田のり子、武藤洋子、南原宏治、安部徹、高橋昌也、小池朝雄
1969年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
温泉ポン引女中 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


葵三津子                      橘ますみ