映画「温泉みみず芸者」


池玲子                             杉本美樹

今回は鈴木則文監督1971年製作「温泉みみず芸者」をピックアップする。
本作は”温泉芸者シリーズ”全7作の4作目で池玲子さんと杉本美樹さんのデビュー作であり、初めて”東映ポルノ映画”としてフィチャーされた映画である。

1971年は、撮影所システムと言われる日本映画制作各社の旧来の制作システムが急激に衰退を迎えていた時期であり、各社一本立て興行に移行、1953年から続いた五社協定が崩壊し、12月には大映が倒産した。日活では”ロマンポルノ”を11月からスタートさせ、1988年まで制作し続けた。
この”ポルノ”というフレーズは、本作で生まれた造語をパクったものであり、プロデューサーの天尾完次氏が、海外の雑誌のグラビアから”ポルノグラフィ”という言葉を見つけて、”ポルノ”という言葉を日本で初めて使い定着させた。

本作は、日活のロマンポルノ第一作「団地妻 昼下りの情事(主演:白川和子)」の11月公開より早く7月に劇場公開されている。

【東映温泉芸者シリーズ】
1968年「温泉あんま芸者」監督:石井輝男 出演:橘ますみ、三原葉子
1969年「温泉ポン引女中」監督:荒井美三雄 出演:橘ますみ、葵三津子
1970年「温泉こんにゃく芸者」監督:中島貞夫 出演:女屋実和子、松井康子
1971年「温泉みみず芸者 」監督:鈴木則文 出演:池玲子、松井康子、杉本美樹
1972年「温泉スッポン芸者」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、城恵美、女屋実和子
1973年「温泉おさな芸者」監督:鷹森立一 出演:田辺節子、沢リミ子、深田ミミ
1975年「東京ふんどし芸者」監督:野田幸男  出演:堀めぐみ、茜ゆう子、三井マリア
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


松井康子、山城新伍                      池玲子、小池朝雄

【ストリー】
伊勢志摩の港町で一杯飲み屋を営む多湖初栄(松井康子)と二人の娘、圭子(池玲子)、幸子(杉本美樹)の母娘は美人として評判がよかった。ところが初栄は生来の淫乱性。抵当に入っている先祖の墓を買い戻すために、100万円を目標に貯めている金まで若いつばめに持ち逃げされる始末。そこで、圭子は仕方なしに、東京のソープランドに働きに出るが、偶然、社長久兵エ(芦屋雁之助)と知り合い50万円もらう。数日後、初栄が伊豆の土肥温泉から“すぐこい”と打電してくる。駈けつけた圭子に、初栄は借金を肩代りしてくれと泣きつく。初栄は、圭子が送った50万円を手にすると性凝りもなく若い男を作り、士肥温泉に遊びにきたが、その金を持ち逃げされてしまったのだ。窮した圭子は、借金返済のために温泉芸者として働くことになり、初栄も女中に雇われることになった。ようやくここでの生活になれた頃、この静かな温泉町の静寂を破って、時ならぬ混乱がまき起こった。無限精流の性豪を名乗る竿師段平(名和宏)、師範代黒竿の段吉(岡部正純)、門弟健(大下哲夫)が、芸者の引き抜きにやってきたのだった。彼らはベットを共にした芸者を意のままに、他の土地に鞍変えさせてしまう温泉場荒しである。政界筋をバックに持つ彼らを追い出す訳にもいかず、町の役人衆も頭を痛めていたが、結局、初栄と圭子、妹の幸子の母娘が、彼らの相手をし、倒さなければならなくなる。勝てば300万円の褒賞金がもらえるとあって、初栄のいきり様は大変なもの。海岸大明神の夜祭りに湧き立つ浜辺の邸宅で、そのセックス試合は開始された。


小池朝雄、池玲子、殿山泰司              女屋実和子

題名:温泉みみず芸者
監督:鈴木則文
企画:岡田茂。天尾完次
原案:久保田正
脚本:掛札昌裕、鈴木則文
撮影:古谷伸
照明:金子凱美
録音:堀場一朗
美術:雨森義允
装置:柴田澄臣
美粧。結髪:東和美粧
衣装:岩逧保
振付:藤間勘眞次
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:鏑木創
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学 (ノンクレジット)
進行主任:伊藤彰将
助監督:皆川隆之
スチール:中山健司
出演:池玲子、杉本美樹、女屋実和子、松井康子、葵三津子、小池朝雄、山城新伍、由利徹、名和宏、沢淑子、岡八郎、殿山泰司、川谷拓三、芦屋雁之助、芦屋小雁、岡部正純、大泉滉、団鬼六、田中小実昌、佐藤重臣、小松方正(ナレーション)
1971年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー85分35mmフィルム
温泉みみず芸者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「温泉みみず芸者」池玲子

杉本美樹、池玲子                        温泉みみず芸者