映画「シルクハットの大親分」


若山富三郎                       春川ますみ

今回は鈴木則文監督1970年製作「シルクハットの大親分」をピックアップする。
本作は、”緋牡丹博徒シリーズ“でお馴染みの人気者熊虎親分(若山富三郎)を主人公にしたスピンオフ企画第一弾になる。
同年に第二弾「シルクハットの大親分 ちょび髭の熊」が制作された。


清川虹子                        伊吹吾郎 

【ストリー】
頃は明治。日露戦大勝に湧く内地一党とともに凱旋してきた、四国道後の侠客、熊虎親分(若山富三郎)はさぞかし大観迎をうけると思いきや、出迎えたのは妹清子(丸平峰子)と代貸の二人だけで大いにつむじを曲げた。その上、大陸で軍の高官と結託して、金品をピンハネしていた悪党、熊本鎮台一家総長、谷垣伝次(遠藤辰雄)の歓迎会が盛大に開かれると聞いて、激怒し、会場を大混乱におとしいれるのだった。陸軍中佐、鬼頭太一郎(天津敏)を掌握する鎮台と赤馬一家の親分、大坪駒造(関山耕司)は遼東半島における新要塞構築の工事請負一任を約束させていたが、酔った鬼頭にからまれる芸者蝶子(春川ますみ)の危機を救った熊虎は、彼女に迫られほうほうの態で逃げ出した。そして、ひょんなことから熊虎は陸軍省防衛部長・松村良徳(菅井一郎)から遼東半島の要塞構築についての作業員と食糧調達に一役買ってくれと頼られ、感涙にむせんだ。新しい仕事の下準備に九州へ乗り込んだ熊虎に、鎮台の執拗な妨害が始まった。そんなとき、熊虎を勇気づけたのは堂島のおたか(清川虹子)の陣中見舞だった。鎮台は態虎から作業員を奪う餌にと、内地の女達を船で国外へ連れ出そうとしていた。これを知った熊虎は勇躍船中にもぐり込むが、ハシカに感染、危機に瀕した。ところが、銃声一発、颯爽と現われた緋牡丹のお竜(藤純子)さんの活躍で熊虎は救出された。女達を奪われた鎮台の報復は死のダイナマイト爆発となってあらわれた。熊虎一家や作業員はもとより、お竜の身内新二郎(伊吹吾郎)、そして蝶子までもがその犠牲となった。鬼神と化した熊虎は、折から現われたお竜に“兄弟いくで!”と吠えると、鎮台めがけて斬り込んでいった。


潮健児                                                             天津敏、関山耕司、遠藤辰雄

題名:シルクハットの大親分
監督:鈴木則文
企画:俊藤浩滋、松平乗道
脚本:高田宏治
撮影:わし尾元也
照明:中山治雄
録音:渡部芳丈
美術:井川徳道
装置:稲田源兵衛
装飾:山田久司
美粧:田中利男
結髪:横田美佳代
衣裳:松本俊和
擬斗:土井淳之裕
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:津島利章 主題歌:若山富三郎「シルクハットの大親分」
進行主任:渡辺操
助監督:依田智臣
スチール:諸角義雄
出演:若山富三郎、藤純子(富司純子)、伊吹吾郎、春川ますみ、清川虹子、天津敏、遠藤辰雄、関山耕司、菅井一郎、武智豊子、吉川晴美、潮健児、志賀勝、丸平峰子
1970年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
シルクハットの大親分 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


若山富三郎                    藤純子、若山富三郎


「シルクハットの大親分」藤純子

「シルクハットの大親分」藤純子